クレヨンしんちゃん実は違った!?対象年齢そして危機脱出

芸能

 

クレヨンしんちゃん

実は違った!?対象年齢そして危機脱出

 

コロナウィルス緊急事態宣言による

 

「まさか」よりも「やっぱり」

 

の反応が多かった映画クレヨンしんちゃん公開寸前の延期!?

また舞台挨拶については中止となりました。

楽しみにしていた方にとっては残念とともに・・・

 

「この状況下での英断」

 

といった反応が多かったようです。

そこで今回は

 

「クレヨンしんちゃん実は違った対象年齢と危機脱出」

 

と題して調査してみました。ファンの方はもちろん、むしろあまり理解していなかったアンチ クレヨンしんちゃんの方にもご理解いただき映画の無事公開と今後の活動を楽しみにしていただけたらとおもいます。

 

さくっとクレヨンしんちゃん秘話

 

・1992年アニメスタート!?

 

・アニメといえはこれまで幼児子供のためのものとされていたそんな中でのクレヨンしんちゃん登場には賛否両論があった。

 

理由は

 

「子供の教育によくない内容」

 

 

「アニメ大国」とも言われる日本!?そんな中、今なお先頭を走り続けるクレヨンしんちゃん。けれどその背景にはそんな世の中からの向かい風かあったのですね

 

 

常識からの脱皮

 

これまで、

 

アニメ = 子供のためのもの

 

とされていた時代に変化をもたらせたクレヨンしんちゃん。

 

このように不動産や・・・

 

こうして眺めると「子供」という世界をすでに飛び越えているのがわかります。

 

 

平均年齢とは?

調査する中で・・・
そもそもアニメに登場当初対象年齢はなんと・・・

30~50代

 

という設定だったということです。

既にスタート時点で常識を破る?!クレヨンしんちゃん。

 

野原しんのすけディスられても前進理由

そんな子供だけでなく大人も一緒になって楽しめるアニメのもとに誕生したものの・・・実は何度も打ち切りの危機にさらされていたことが調査の中でわかりました。

理由の1つはズバリ・・・

 

子供にとって悪影響と考えられる内容

 

主人公野原しんのすけ!?クレヨンしんちゃんまさかのピンチ!?

 

実は・・・筆者自身もそう思い込んでいた1人でした←※過去形です

 

「悪影響」と感じる理由とは?

①じっくり・しっかりと見ないで「ながら見」をしている傾向大。

②日本人に多い「視覚」でものごとを判断。

時折やや過激なクレヨンしんちゃんの描写に「悪」と判断。

 

 

1つずつ解説しますね

 

 

①アニメは子供のためという先入観のある方とってありがちな「ながら見」

じっくりしっかりと視聴せず小耳に挟む程度の内容を鵜呑みにしている。

その後もそのままの記憶を引きづっている

 

②当然ながらアニメは瞬時場面で描かれる描写

そんな1コマだけで判断し内容そのものは放置。
そうした理由から子どもへの悪影響とされたのですね。

 

 

けれど昔から言われるように・・・・

子供とは・・・邪気のないまさに無邪気な存在。

邪気の加わった大人とは異なり素直に物事を判断している結果が今に至る。

 

クレヨンしんちゃん人気の理由は「愛」

 

そんな危機からも脱出したクレヨンしんちゃん。何とクレヨンしんちゃんを愛する人の平均年齢は・・・30代ということか調査の結果わかりました!?

これはまさにクレヨンしんちゃん誕生世代なのです。

まさに一緒な成長した証でしょう。

またコアなファンの方からは実はこんな声が隠れていたのです

 

 

同じように家族テ-マの

・サザ〇さん

・ち〇まるこちゃん

・今の時代背景にあわない内容

・このご時世に理解が厳しい内容

・今の時代に違和感感じる内容

 

ということでした。

 

 

確かにこのご時世・・・昭和を描いた内容は視聴者にとっても理解に厳しくなるのは当然のことでしょうか。

 

 

愛が詰まったクレヨンしんちゃん!?

 

その中でも

 

父 野原ひろしの名言は数々何と著書もあるほど?!

 

筆者が個人的に印象的だっったのは・・・

 

 

しんのすけのいない世界なんてなにのかちもない

 

 

といセリフ。

まとめ

 

・実は向かい風からのスタート秘話

 

・アニメの常識超えが幕開け

 

・平均年齢こそ常識こえ

 

・ディスられても前進しんのすけ

 

・悪の理由は先入観

 

・愛の詰まった内容は名言ありき

 

 

いかがでしたか

「クレヨンしんちゃん実は違った対象年齢と危機脱出」

映画公開は延期となりましたが、クレヨンしんちゃんの今に至る背景を理解しさらに公開を楽しみにしたいですね。

 

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました