二世タレント好き嫌いも実力主義!?

芸能

今日は5月5日子供の日ですが・・・   芸能界でもまた子供の活躍・二世タレントが誕生し続ける中・・・  

 

 

成功、そして 失敗

 

 

に分かれているいるのが現実。   そんな厳しい芸能界での道のり。  

 

そこで今回は  

二世タレント好き嫌いも実力主義!?

 

 

と題して調査してみました。   今に始まったことではなく昔から受け継がれている二世タレント。  

 

だからこそ  

 

好き嫌い

 

  に分かれる人間模様をさくっと理解してみませんか。  

二世タレントって何さくっとご案内

  ・二世タレント・・・その名の通り、両親の片側または両方がタレントである。  

 

そもそもなぜ二世のタレントへ

 

①生まれた瞬間からタレントの家庭環境のため。

 

②タレントである家庭環境で成長している。  

 

以下順番に説明しますね。  

 

①・・・まさにタレントになることが宿命的でもある。そんな星のもとに誕生といっても過言ではない。  

②・・・物心をついたころからタレント家庭であるので、親の仕事への姿勢も生活の中でごく自然に浸透している。  

 

生まれる以前にすでに体内記憶からもタレントへの道のりが完成しているのかもしれませんね。  

 

二世タレント成功とは

  二世タレントの成功とも言われているトップランキングを維持しているのは・・・  

 

 

杏 さん(父 渡辺謙)

森山直太朗 さん(母 森山良子さん)

 

 こちらのお二方は最近の二世タレントに多い、  

 

「あえて二世タレントということを隠す」  

 

といったことなく、まさにありのまま活動?  

 

そして成功と言われる理由とは・・・

 

両親の知名度はもちろんのこと自身がすでに確立した実力をもちそなえている。

  ということ。  

二世タレント失敗とは

※まず当ブログは当人の誹謗中傷などを煽るような記事をメインとしていないためあえてここでは「二世タレント失敗」と世間で評価されている方の実名は伏せさせていただきます。ご了承ください。 

 

二世タレント失敗ポイントは

 

①親の存在の偉大さ

 

②単なる親の七光り

 

③顔面問題

 

④不祥事  

 

今回調査する中で判明した内容を以下順番に解説します。

①・・・タレントである親の功績、実力く、知名度、全てが偉大すぎて単なる二世だけでは到底乗り越えられない格差の生まれ。  

 

②・・・タレントである親の単なる「親の七光り」としか評価されず個人では何も感じない。また周囲へ何も影響力がない存在価値。  

 

③・・・ズバリ見た目容姿が誰がどうみても、、ただただ「残念」の一言につきてしまう。救いようのない残念な状態である。  

 

④・・・単なるスキャンダルを超え刑事事件、薬物など。親の知名度が高いとそれだけでもさらに周囲への影響力も大きく、また本人はもちろん、タレントである親そのもののイメ-ジダウン。そこからの信用問題へと加速し、仕事量の減少まで揺れ動く。

好き嫌いも実力主義!?

 

今回の調査で判明したのは・・・  

好き嫌い

 

  にはそれぞれの理由があったということです。  

 

好きはなぜ

  ・そもそもがタレントである親のファンであり、その影響から親目線でついつい応援したくなる。

 

・あえて二世である公表をしておらず、ある時発覚から、さらに能力の高さ・意思の高さに惚れ直す。 ・タレントの二世であるから好きというよりもその人自身の魅力や才能に惚れている。    

 

 

嫌いはなぜ

 

・親の七光りで生きているとしか思えない。

・個人では何も魅力や才能感じない。親の存在なくして表に出れないと思うから。

・二世タレントということだけで特別扱いされているようにみえる。  

 

やはりツイッターでもこのような声があるのですね。    

https://twitter.com/ichigo__0515/status/1388827713369149448?s=20

 

まとめ

・二世タレントとはまさにタレントの星のもとに誕生の宿命。

・二世タレント成功理由はそもそも個人の実力主義。

・二世タレント失敗理由は二世であること以前の問題点。

・二世タレント好きも嫌いも理由は実力の差。  

 

いかがでしたか  

 

二世タレント好き嫌いも実力主義!?

 

タレント環境のもと宿命ともいえる生い立ちであっても、そもそもは個人の魅力を含めた実力があってこそ!?  

 

 

  むしろ背負うものが多い中での生い立ちだけに人一倍の実力が試される世界のようにおもえますね。これからもまだまだ誕生するであろう「二世タレント」    

 

だからこそそもそも、見る側私たち自身がフィルター・色眼鏡を外して実力を見極める瞬間なのかもしれませんね。

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました