黒田勇樹パパになる消える?消えない?パパママDV

芸能

先日、俳優の黒田勇樹さんに赤ちゃん誕生の報道!?

 

ツイッターをはじめ過去の活躍など騒がれる中・・・

過去についても触れらる意見などもありました

 

そんな黒田勇樹さん。

 

実は現在、多くの若者は知らない存在なのです。えっ誰それ?状態です。

 

なぜなら彼は・・・

 

 

子役として、子役時代に有名

 

だったという過去形だからです。

 

そんな黒田さん。

 

今回の赤ちゃん誕生と同時に・・・

 

前妻との離婚理由ともいわれる

 

DV説

 

についても持ちあげられています。

 

 

そこで今回は・・・

黒田勇樹パパになる消える?消えない?パパママDV

 

と題して調査してみました。

 

 

黒田さんを知らない方がいても、DVについては既に聞き覚えのある言葉ではないでしょうか。

 

DVとはさくっとご案内

 

 

そもそもDVとは?

 

夫婦恋人間での暴力

 

そしてこれは腕力だけでなく、言葉の暴力といった精神的なことも含まれる※以下一部記事引用

 

 

ドメスティック・バイオレンスdomestic violence、以下では略称:DVと記述)とは、「家庭内での暴力や攻撃的行動」(家庭内暴力)という意味の表現である[1]。「domestic」とは「家庭の」という意味であり、典型的には、夫婦間やパートナー間の暴力である[1]

 

体へのDVであれば見た目の傷やケガといったことから周囲も気づきやすいものの・・・精神的なDVともなると目には見えない世界だけに解決が困難でまた闇もより一層深いのではないでしょうか。

 

DV実はメンズだけではないということ

 

そんな世間ではすでに有名となっている言葉

 

 

DV

 

 

しかしながら世間のイメージとは・・・

 

男性から女性に対すこと。女性はあくまで被害者。

 

ということ。

 

そして今回調査する中で浮彫になったのは・・・

実は反対に女性が加害者となることにも使われているのです。

 

 

DV割合とは

 

今回の調査で判明したのは

 

 

DV被害者・・・

 

女性約8割・男性約2割

 

 

やはり女性の被害率が高いものの男性がゼロではなかったということが調査だけでも判明!?

 

そこには男性は女性に頭脳を使って口喧嘩には勝てなくとも・・・

 


腕力・筋力は負けない・勝てるという前提

 

ではないでしょうか?

 

そもそも男性は昔から

 

 

戦へいく生き物

 

こうした歴史背景も決して無視できないように筆者はひそかに感じます。

 

 

また、先日離婚を発表した前田敦子さん。

 

 

元夫である勝地涼さんからのDV原因も有名ですが・・・

 

 

一方で世間からはこうした声も

 

前田さんご自身も性格の強さが災いしてか?

 

取っ組み合いの体当たりな喧嘩も噂されています。

 

 

ただただ女性だけが被害者というイメージが強い

 

DV

 

 

やはり調査するほどに世間とのイメージには溝がありそうです。

 

DV疑惑パパママ

 

前田敦子さんだけではなかった

 

過去にあるあるDV疑惑

 

・西山茉希さん

すでにしっかりとシングルマザーの道を歩んでいる西山さん。

以前より元夫早乙女さんからのDVはすでに有名なお話。

 

また

 

後藤真希さんもそんな一人。

 

後藤さんについては現在も婚姻中のため今後の行方が危ぶますね。

 

 

 

 

そしてこちらの3人の共通点は

 

 

自身が(恐らく)被害者ということ

 

やはりまだまだ女性被害率の高さか考えられます。

 

では今後パパママのDV率は減少するのでしょうか?

 

 

消える消えないパパママDV

 

2020年よりコロナ禍から芸能界・エンタメ業界も日々厳しい状況の中、今後さらに

 

離婚理由 = DV

 

 

ということが増加すると推定されます。

 

 

 

その理由とは・・・

 

 

①緊急事態宣言やまた、外出自粛の追い打ち。

 

②仕事依頼の減少。

 

③ステイホームでのストレス増。

 

 

 

以下順番に解説しますね。

 

 

①・・・緊急事態宣言やまた、外出自粛の機会が度重なり、夫婦ともに過ごす時間が増加。これまで見えなかった・見ようとしていなかったお互いの部分がはっきりと表面化したため。


②・・・芸能界・エンタメ業界も一般社会と同じく仕事量の減少により、仕事依頼が減。キャリアへの不安とともに経済的不安におしつぶされるストレス。普段人一倍人に見られることでやりがいを感じる芸能人にとって人前に立てないことへの喪失感。見られてなんほの世界です。

 

③・・・ステイホームが増える中、今までのストレス解消法が使えないケ-スが多々続出。飲み歩きや会食、また恋人との密会など。

 

一般社会と異なり、一見華やかな芸能界だけにひっそりと引きこもる「コロナ禍」以降の暮らしのストレス。

 

 

 

その矛先は一番身近なパ-トナ-という結果なのでしょうか。

 

まとめ 

 

・DVとは肉体的だけでは済まない広範囲の世界。

 

・実は加害者は女性だけではないというDV。男女ともにいえる言葉。

 

・DV割合やっぱり想定通り。女性は腕力不足。

 

・芸能会・DVパパママ疑惑こんな方々。

 

・消える消えないDV問題とこのご時世からの推測。

 

いかがでしたか

 

黒田勇樹パパになる消える?消えない?パパママDV

 

子供がいなくても誰も存在している

 

パパママ・父母の存在

 

そして家庭内、扉1つの仕切りの向こう側にひそむDV問題は闇深いだけに今後もすぐさま減少とは困難であるでしょう。

 

そしていつ誰が

 

加害者または被害者

 

側になるのかわからないこのご時世。

 

芸能界で生きる彼らのように浮き沈み、入れ替わり激しい環境の方こそ予備軍としての認識が必要なのかもしれませんね。

 

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました