深田恭子適応障害でわかる本当の性格は天然じゃないの

芸能

女優深田恭子さんが適応障害のため、活動休止発表となった話題。

 

深田恭子が体調不良で休養 適応障害とは(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 女優の深田恭子が適応障害と診断され、当面休養することを26日、所属するホリプロが発表した。昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り、医師から「適応障害」と診断された。

 

ツイッターでも心配の声があがっていましたね。

 

むま提督 on Twitter
“深田恭子さん適応障害なのか ゆっくり休んで欲しいです 私も適応障害で3年前に休職しました 正直適応障害になる前には戻れません とにかく無理をしない これに尽きるのです”

大物女優のまさかの活動休止。

 

そこで今回は・・・

 

深田恭子適応障害でわかる本当の性格は天然じゃないの

 

と題して調査してみました。

 

16歳で芸能界でデビュー以来、ずっとトップを走り続けていた深田恭子さん。

 

ノンストップのように思えたこれまでだけに、やはり今回の適応障害という報道は周囲の声からも働きすぎ・オ-バ-ワ-クと、納得だったのかもしれません。

 

深田恭子家庭環境とは

 

今回調査する中で深田恭子さんの家庭環境について調査すすめると・・・

 

このような情報がわかりました。※以下一部記事引用

 

じつは私の父は公務員でして。といってもうちは、決してお堅い家ではありません(笑)。

生まれ育った家庭環境は、その後の人生を大きく影響するとも言われるだけに、こうした家庭環境が、深田恭子さんの仕事をはじめとする、その後の生きざまの基盤になり、働きすぎといった過酷な状況までになっていたのでしょうか。

深田恭子だけじゃなかった芸能人適応障害

 

今回深田恭子さんの適応障害について、調査進める中で、過去にも同じように適応障害を公表された方が芸能界にもいました。

 

千原ジュニア・千原せいじ・田村亮

 

こうして確認すると全て男性ばかりです。

それとは逆に実は適応障害は男性よりも女性発症率が高いということです。

 

ではなぜ今回、深田恭子さんは女性としての公表になったのでしょうか?

 

深田恭子の公表でわかる真相

 

今回深田恭子さんについては、現在適応障害であると公表されましたが・・・実は世間では知られていないだけで、適応障害の芸能人は他にもいらっしゃるということ。

 

では実際は適応障害ではなく、どのような理由に変換されているのか調査してみました。

 

今回調査する中で判明したのは・・・

  • 留学
  • リフレッシュ
  • 充電

 

といったようににんわりと表現をして公表しているのです。

 

なぜなら世間への影響が何よりも大きくなる芸能界。それだけに、こうした公表方法に至っていると思われます。

たしかにこうした表現方法で無期限活動休止という方は思い浮かびませんか?

深田恭子性格ってどうなの

 

これまで深田恭子さんというと

 

天然

ぶりっこ

性格が悪い

 

といった表現が目立っていることが判明。では実際にはどうなのでしょうか。

 

活動休止宣言の直前となったイベントでこのようなアクシデントがありました。

新商品にも使われている熊本県産のイチゴ「ゆうべに」を試食しようとしましたが、まさかの机に落ちるアクシデント。イチゴを無駄にすることなく、照れながらも2度目の“チャレンジ”で口に入れると…。

深田恭子さん:「冷蔵庫にいつもイチゴを常備しています。大好きです」

普段からイチゴを欠かさず食べるという深田さん。

こうしたアクシデントも天然だから?

ととらえられがちだった矢先の今回の適応障害公表。

こうしたアクシデントも決して作りこんだ天然さアピールではなく適応障害と戦う裏側にあったのだと思われます。

 

深田恭子本当の性格は天然じゃない

では本来の深田恭子さんとはどのような性格なのか気になるところですね。

 

ここでも、過去にこのようにご自身を分析していることがわかりました。※以下一部記事引用。

 私、物事を途中で投げ出したことがないんです。というよりは、投げ出せなくって。たとえば子どもの頃、習い事を始めるじゃないですか。やり始めてみると、練習が大変だったり、思っていたのと違っていたり、ということもありますよね。 でも「やめたい」と口にできなかった。一度始めたことを、中途半端に投げ出すのはいけないことだ、と思っていたのかな? よく覚えていませんが、とにかくやめるという選択肢が自分の中にそもそも存在せず、ずっと続けました。結果的にはピアノも水泳も今の仕事に生きているので、そういうふうにしてくれた両親には感謝しています。

ご自身のまじめで一本筋のとおった性格。そして家族への感謝最後はつづっているところが、深田恭子さんの本来の人柄を表しているかのようです。

だからこそ、入れ替わりの激しい芸能界でも、デビューからトップを走り続けられたともいえるのではないでしょうか。

また今回の深田恭子さんの適応障害公表によって、長年同じような悩みのある方にとっては、周囲からの理解を得られるきっかけともなったのではないでしょうか。

 

目には見えない心のデリケートな部分だけに、このような治療が何より大切だそうです。※以下一部記事引用。

本調子に戻るまでおよそ12〜36ヶ月と時間が掛かり、アップダウンを繰り返しながら終息していきます。この時期になる記憶がはっきりしてきますが、一番落ち込んでいた頃の記憶はぼんやりしています。周囲の人が「うつとはこういうものだったのだ」と理解するのもこの頃です。

こうして確認すると改めて、活動きゅし宣言直前にイベント挨拶で登場した深田恭子さんのアクシデントも、決して一過性のものではなくサインがきっちり出ていた証なのかもしれませんね。

 

 

いかがでしたか

 

深田恭子適応障害でわかる本当の性格は天然じゃない

 

いつ、また笑顔の深田恭子さんを見れる日がくるのがわからないだけに多くの芸能人が

 

  • 留学
  • リフレッシュ
  • 充電

 

と言い換えて活動休止をするように、まさに深田恭子さんにも今回この3つ取り入れながら回復していただきたいものですね。

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました