熊田曜子離婚成立後シングルマザ-もグラドルは継続なの?

芸能

先月2021年5月夫からのDVを、自ら警察通報し、騒動となったタレントの熊田曜子さん。

 

そんな中、続いて現在離婚協議中?! あるという話題へ展開。

熊田曜子「夫が恐怖」離婚へ 「子供たちと4人で頑張る」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 タレントの熊田曜子(39)が31日、所属事務所を通じ報道各社にファクスを送付し、18日に自身への暴行容疑で逮捕された会社経営者の夫と離婚する決意を固めたことを明かした。  夫の逮捕報道後、熊田が

 

 

当然のようにも思える経緯であり、また、無事に離婚成立後のシングルマザ-になるのか?

 

そこで今回は・・・

熊田曜子離婚成立後シングルマザ-もグラドルは継続なの?

 

と題して調査してみました。

 

実は毎年というほど、写真集をかわらず出し続けているという熊田曜子さん

そんな熊田曜子さん、晴れて?シングルマザ-になったとしてもかわらずグラドルの道は継続なのか気になるところですね。

熊田曜子家族会議事件

現在離婚協議中であるという熊田曜子さん。

 

そもそも夫からのDV発展し自らの警察通報?!

 

その後の現在離婚協議についてはツイッターでも

どのような理由にせよ、DVとはあってはならぬこと。

 

そんな背景の1つに夫が結婚、出産後もグラビアを継続することに対する違和感・ストレスが続いていたという噂。確かに自分の妻、そして母がグラビアというのはどうしても納得理解はできないのでしょうか・・・

 

また、今回調査する中でこのようなことが判明しました。
※以下一部記事引用

 

夫だけでなく、家族会議とまでなるとまさに逃げ場を失ったかのような窮地に追い込まれてしまいますね。

 

けれど熊田曜子さんのグラビアへの思いの強さがあらわれていますね。

 

この時点では、一旦は落ち着きをとりもどしたかのような家族会議にも思えますが・・・事実はやはり異なっていたのでしょうか。

熊田曜子シングルマザ-は母子家庭育ちで学ぶ

現在離婚教示中となった熊田曜子さんそもそも熊田曜子さんご自身もシングルマザ-、母子家庭で育ってきたということが判明。

またタレントへの道もなかなかお母さまから理解が得られず、看護学校の道に一旦は進んでいた熊田曜子さん。

 

理由の中には

 

手に職

 

母親自身がシングルマザ-だった熊田曜子さんにとって

 

母の思いは・・・

 

手に職をつけて女で1人で子育てをする?!

 

という考え。土俵は違えど、今後離婚成立ともなれば、同じく熊田曜子さん自身もシングルマザ-の道のり。自身、母と同じ歩み。

また今回の離婚決意表明のコメントにも、熊田曜子さんご自身は

 

「今後は子供たちと3人で4人暮らしをしていきます」

 

と宣言しています。

 

だからこそ、グラドルは熊田曜子さんにとってはもはや

 

天職・手に職

 

とも判断される予測でしょう。

 

熊田曜子現役ママグラドルほかにはいるの

 

そんな今回調査を進める中で、さらに判明したのは驚くことに・・・

 

ママタレント

 

であり、そして

 

グラドル

 

であるという方実は、熊田曜子さん以外にはいないという調査結果?!

・代表的なグラドルであった・・・釈由美子さん、ほしのあきさん、優香さん、ご結婚・その後は皆さんグラドルとしての活動情報無し。

 

その理由を推測してみました。

 

①体型

②家庭

③風習

以下順番に解説しますね。

 

 

①・・・妊娠、出産を経験すると体型・体重の変化は避けて通れないこと。いくら体重は戻っても体のラインはやはり産後特有のたるみも有。また熊田曜子さんに関してはなんと3人のお子さんのママ。
平均的には・・・出産までに約10kgは体重が増えるともいう妊娠期間を3度も経験済み。そんな大きな体の変化を乗り越えて、グラビアを続けられることは神業。

 

②・・・先にも触れましたが・・・結婚、そして出産ともなれば、母親としての、世間一般の目から多くの方は、働き方生・き方を見直す機会。その中でのグラビアは、家族への影響社会的影響も視野に入れ、自分の意志・意向だけでの継続は現実的には、なかなか成り立たない。

③・・・時代がデジタル化したといっても、やはり日本人としての思考はまだまだ名残があるのか・・・日本人女性としての生き方、また母親像としてはママになってもグラビアを継続するということそのものが受け入れられない。

こうした理由から現実的には

 

ママタレントでありながらグラドル

 

という方は、実は熊田曜子さん以外には存在しない、まさに

 

ブル-オ-シャンの領域

ブル-オ-シャン・・・そこに競合が存在していない状態。

 

熊田曜子ングルマザ-もグラドルは継続?

 

離婚、そしてシングルマザーの道へカウントダウンとも予測される熊田曜子さん

たとえ、一家の大黒柱となっても、そんな彼女は、やはりグラドルを継続区なのでしょうか?そこで今回調査の中でこのような過去の記事から予測がついてのです。※以下一部記事引用。

 

あのタレントマツコ・デラックスさんから、過去にテレビ番組でこのように評価されていた熊田曜子さん

 


3人の女の子を育てながら、B92、W56、H84の抜群のプロポーションを保ちつつ、グラビアアイドルを続ける熊田について、マツコは「記事をよく見ると、昨夏から秋にかけて、千葉など関東近郊で撮影と書いてあるでしょ。遠くに(撮影のために)行かずに、ちゃんとお母さんしているのよ」と独自の視線で評価。

マツコ・デラックスさんといえば・・・芸能界でも何と今年2021年5回連続花芸能人のご意見番?!を5連覇達成したほどの方。 

そんな方からの率直なコメント、評価は熊田曜子さんにも自信や勇気・大きな原動力になったことと思われます。

現代離婚協議中の彼女の今後の行方、そしてグラビアにかける思い。

 

それは名は体を表す

 

と同じく・・・

 

グラビアは自身を表す生き方

 

としても継続されるのかもしれませんね。

シングルマザー心身更にすっきりとした彼女の生き方を象徴するグラビアからますます目が離せないですね。

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました