ア-モンドミルク人気だけど逆効果?!次はライスミルクて日本効果狙い

グルメ

実はここ最近、カフェメニューにも登場が増えている

 

 

ア-モンドミルク  

 

 

アーモンドミルク 、市場規模100億円を突破 豆乳よりも早いスピードで拡大 大容量と砂糖不使用が牽引役 強まる牛乳・豆乳代替(食品新聞) - Yahoo!ニュース
 アーモンドミルク(アーモンド飲料)市場が拡大を続け市場規模は昨年100億円の大台を突破した。  アーモンドミルク研究会によると、20年販売金額は前年比19%増の100億円強、20年販売量は34%

 

 

牛乳離れが目立ち、ア-モンドミルクに代用シフトチェンジが加速のようです。

 

そこで今回は・・・

 

 

ア-モンドミルク人気だけど逆効果?!

次はライスミルクて日本効果狙い

 

 

と題し調査してみました。

 

 

人気の秘密を知るとともに、実はその背景にあったことも調査してみました。

 

 

そんな人気のア-モンドミルクの次なる選手とは?

 

ア-モンドミルク人気の背景は

 

①カフェ導入

②美意識

③テイスト

 

以下順番に解説しますね。

 

①・・・すっかり人気となったア-モンドミルク。その背景の1つが・・・あの、世界のカフェでもカスタマイズで取り入れたことが火付け役なのでしょうか。

 

 

②・・・何かと一般的であった牛乳、次いで豆乳に比べ、ビタミンEが豊富、アンチエイジング効果、美肌効果、低カロリーと騒がれています。そうした一部の情報から、健康はもちろん、美容意識高い系女子に人気。どんなジャンルも女性を中心に動く世界。



また・・・牛乳であれば、乳糖不耐症として、体質的におなががゆるくなってしまいがちな方も・・・ア-モンドミルクでは心配不要。※以下一部記事引用

乳糖不耐症とは、消化酵素のラクターゼの欠乏により乳糖が消化できない状態のことで、下痢や腹部のけいれん痛を起こす。 乳糖不耐症は酵素のラクターゼが欠乏しているために起こります。 小児における症状には、下痢と体重増加の遅れなどがあり、成人における症状には、腹部の膨満やけいれん痛、下痢、鼓腸、吐き気など。

 

 

③・・・ア-モンドミルク特有のア-モンドミルクのこうばしさ、まろやかさが人気の1つ。カフェメニューにも加わり、ビターテイストのコ-ヒ-がまろやかになるということ。

 

ア-モンドミルクの正体実は

 

そんなうれしい内容ばかりのア-モンドミルク。

 

しかしながら今回売上とは逆に、このような懸念の声も多くなっているのですね。

 

 

 

 

そこで、その心配される理由を調査してみました。

①砂糖不使用をあげられているが食品添加物のカロリー0シュガーが大量に含まれているメーカ-多数有。

 

②実は牛乳・豆乳と比較するとたんぱく質が少なく、加えて水分が多い。そうなると、当然ながらカロリーがダウンされる。本来の健康・美容効果への期待に不安材料。


③牛乳へのアレルギー対策ばかり目をむけられているが・・・そもそもア-モンドアレルギーの注意が見落とされがち。※以下一部記事引用

アーモンドアレルギーで一番に注意すべきことは、たとえ少量であろうと摂取しないこと。人によって症状の現れ方はさまざまですが、体調や年齢などによっては重篤な状態に陥る恐れもあり。

 

 

聞きなれない

馴染のない

 

ア-モンドミルクの存在に、ついつい目移りしてしまい、購買意欲をかりたてられがちなっていませんか?

 

ア-モンドミルク知ってる日本人の次は

 

そんな今、注目されているア-モンドミルク。

 

すでに先行く人からは、添加物への懸念の声は増えています。

 

お口に入れるものだけに身長になるのは当然のこと。また2020年コロナ禍以降人々の健康意識は上昇している証拠ではないでしょうか。

 

 

では次なる注目選手とは?

 

そこで今回調査の中でズバリ

 

日本効果

 

と推測されました。

 

ライスミルクご存じですか?※以下一部記事引用

牛乳と比較すると、ライスミルクは炭水化物をより多く含むが、カルシウムタンパク質はそれほど含まず、コレステロール乳糖(ラクトース)は全く含まない。乳糖不耐症大豆アレルギーフェニルケトン尿症の患者やヴィーガンの人々は、しばしば牛乳の代用としてライスミルクを飲む。

 

 

 

そんなライスミルクのおすすめポイントをまとめてみました。

 

①アレルギー

②テイスト

③カロリー&コレストロール

④ル-ツ

 

以下順番に解説しますね。

 

①・・・ア-モンドミルクであれば気になるア-モンドアレルギー!?しかし、お米由来のライスミルクからはアレルギーの心配無。

 

②・・・牛乳・豆乳・ア-モンドミルクと比較すると、お米のさっぱりとした味わい。それだけに消化にもよい。


③・・・カロリー&コレステロールがほかの牛乳・豆乳・ア-モンドミルクの中でもやや低い。※但しア-モンドミルク同様に添加物の混入の有無はしっかりとラベル確認要。

カロリーについては実は今注目のア-モンドミルクが1番低カロリー。ライスミルクは爆雷のカロリー?!しかしお米が成分のライスミルクは消化もよく、なんと脂質についてはライスミルクが圧倒的に低い?!

 

たしかに・・・カロリー以前に脂質はライスミルクが圧倒的低さですね。

 

 

④・・・そして何をいってもル-ツ!?お米ライスは・・・ブログをお読みいただいている、多くの日本人の方の生まれ育ちである日本代表食。実は人間は自分の生まれ育ちの産物に体が1番適応しているという情報有。

 

お米だけでなく、今はコンビニや自販機でも世界各国の、計り知れない無数の「お水」についても購入の際は、銘柄、産地は成分以前に自分の生まれ育った環境に、より近い銘柄を摂取が適している。

 

価格については今注目されているア-モンドミルクとほぼ同等価格。

 

 

せっかく試してみるのなら、次なる選手?!自分の生まれ育った、馴染深いお米由来、

 

ライスミルク

 

はいかがでしょうか?すっかりコロナ疲れしてしまった心身の回復、免疫力アップも期待できそうですね。

 

 

うろうろ きょう も ひとりごとお立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました