ジャニ-ズもあるの?ジェンダーレス問題?!と推しの本音とは

ジャニーズ

先日2021年7月9日が命日であった、あのジャニーズ事務前社長、ジャニー喜多川さん。

 

その後現在も

 

男性アイドル = ジャニ-ズ  

 

 

とも言い切れるほどの不動の変わらぬ存在ではないでしょうか 。   

 

そんなジャニ-ズアイドルも次々と新しい逸材が発掘され、ファンを魅了。  

 

それだけに・・・異性である女性だけでなく同棲である男性からも  

 

憧れ 尊敬 またそこからの好意  

 

につながるとも予測。   そこで今回は・・・

 

ジャニ-ズもあるの?ジェンダーレス問題?!

とファンの本音とは  

 

 

と題して調査してみました。  

ジャニ-ズと性問題

 そんな今や男女問わず憧れでもある存在のジャニ-ズアイドル。

 

そんな中・・・以前より浮かび上がる 「性」問題がありました。

 

それは 故ジャニー喜多川さん問題。

1999年事務所内少年への「性」的虐待問題。それにより裁判となるが裁判結果は勝利となる。

 

と、このように・・・当時社長であった立場からの疑惑に世間はざわついたのです。    

ジャニーズジェンダーレス問題

そんな事件を乗り越え、現在社会問題としても、耳によくする  

 

ジェンダーレス  

 

芸能界では、すでに自身がジェンダーレスであることを公表している方も続々。  

 

むしろこうした発言が、アイドル、タレント、ア-ティストを自然体に誘導しているかのように感じるのは筆者だけでしょうか。

 

 

 

 

 

そんなジャニーズアイドルにも    

 

ジェンダーレス

 

は存在するのか? 気になるところですね。  

 

そこで今回調査をすると・・・

 

どれだけ調査しても、 驚くほどに情報は一切無。  

 

実際に存在するしないは別として・・・1999年故ジャニー喜多川氏による、裁判問題でジャニーズ事務所そのものが厳重なる管理に目を光らせていると予測。  

 

それだけに事実はどうであっても

 

ジェンダーレス・同性愛 = イメ-ジダウン

 

とジャニーズ事務所そのものが警戒を張っていると予測。

 

その理由とは・・・何なのでしょうか。気になるところですね。

ジャニ-ズアイドルファン離れ問題

事実を公言することによって = ファン離れ

 

を何より懸念されると予測のジャニーズ事務所。その理由には過去に、このようなことが調査で判明しました。※以下一部記事引用。

「ユーが好きで付き合うのはいいよ。ユーの自由だよ。ただ、ファンはどう思うかな。ファンのことを一番に考えてね」

こちらは故ジャニー喜多川さんが事務所アイドルに生前にした言葉。

 

真実を伝えること全てが愛ではないともいえると何とも切なくなるところ。

 

また一部ではこのような言葉も飛び交っているのです。

 

  • ファン離れは事務所経営には大きな影響。お金を考えるとファン離れは決して避けたい。
  • そもそもファンを金づるという意識でしかとらえていない。

 

そんなファン離れを懸念される様子。

 

そして実際にはファンの方々の心境とはどうなのでしょうか。

 

ジャニーズファンの本音とは

 

ファンの心境、アイドルへの想いについて実際はどうなのでしょうか。

そこで今回調査進めると実はこのような声が多く占めていた本音だったのです。

①応援派

②回避派

 

以下順番に解説しますね。

①・・・「推し」のいる生活。

これこそが、まさにファンにとっての人生そのもの。だからこそ、もしジェンダーレスと公表されたとしても全てを受け入れ、応援するとうい姿勢と覚悟。※以下一部の本音より引用。

 

同性愛、ジェンダーレスの事実は本人にしかわからないこと。よくあるSNSなどでのグループ内ハグ、スキンシップもあくまでファンへのサービス。

 

 

 

②・・・異性、つまり女性との熱愛や流出、におわせなどは正直傷つくし、回避したい。むしろジェンダーレス、同性愛はこれだけ魅力的な彼らなら納得できるし支持したい。

 

https://twitter.com/tkk_hkhk2618/status/1314595113025236992?s=20

 

とこのように二手に分かれていたのです。

 

 

事実がどうであれ、全てを受け入れる覚悟があるファンの本音。

何かと

 

ジャニオタ = マナーが悪い

 

とされていたのも過去の話に感じるのは筆者だけでしょうか。

事実公表有無に心の壁のない状態で彼らを見守りたいですね。

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました