深田恭子適応障害治療回復で引退はあるの?

芸能

先日2021年5月末に深田恭子さんが、まさかの適応障害公表から無期限休養となって約2か月。

 

そんな心配される中・・・回復にむけての内容が先日入りました。

 

深田恭子、散歩できるまでに回復!ヘルスケア関連企業は “CM起用” 検討(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース
 梅雨のさなか、珍しく晴れ間がのぞいた7月上旬の夕暮れどき。都心の高級ブティックが並ぶ通りで、深田恭子(38)の姿をキャッチした。

 

デビュー以来、常にトップを走り続けてきた彼女だけに、現在の状態、そして、その後についても気になるのではないでしょうか。

 

そこで今回は・・・

 

深田恭子適応障害治療回復で引退はあるの?

 

 

と題して調査してみました。

 

深田恭子カミングアウト月日

 

そんな適応障害公表から早2か月の経過にツイッターでも率直な声。

 

 

日々めまぐるしく次々と入れ替わりの激しすぎる芸能界。

それだけに、月日の経過とともに、忘れ去られていくことも必然だけに、今尚しのばれる声はやはりその存在の大きさを感じるのではないでしょうか。

そんな約2か月が経過した深田恭子さん、現在は冒頭の記事のように、お散歩ができるほどまで回復されているようです。

そんな一見お散歩という日常的とも思われる行為さえ、

回復!?

と据えられるとは、むしろそれだけこれまで困難な状態であったと予測されます。

 

深田恭子治療で回復どのくらい

 

そんな治療中の深田恭子さん

 

実際にはこの約2か月でお散歩ができるレベル以外にどんなことがあるのでしょうか。

 

そもそも

 

適応障害公表直後にメディアで騒がれた

 

激やせ

 

このように、全身を眺めているとスラリとスリムでお顔周囲はシャ-プさをこえて

 

やつれている

 

とさえ言われていたようです。

 

 

 

たしかに、顎回り、フェイスラインの細さは際立ちますね。

 

そして先日お散歩されていたとする一コマでは・・・

 

 

マスク着用のためフェイスラインの確認は不明であるものの・・・

下半身周囲は何かしっかりとされた印象。

またお散歩を継続されているかのようにふくらはぎ周囲もしっかりとした筋肉が見受けられるため、積極的に治療、そして回復されているかのように予測されます。

 

深田恭子適応障害での治療法って

そんな積極的治療に向かわれているとも予測される深田恭子さん

 

そもそも適応障害と、こうしたお散歩、そして他にはどのような治療法をしているのでしょうか。

そこで以下にまとめてみました。深田恭子さんに限らず、一般人であっても必要不可欠ではないでしょうか。

 

 

・規則正しい生活。逆に・・・睡眠不足、運動不足、乱れた食生活はすべて「規則正しい生活」を無視。

シンプルに、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きることが「規則正しい生活」の基本。

深田恭子さんに限らず芸能人は一般人以上にこうした生活の乱れは致し方ない傾向にある。

 

・睡眠時間は、最低でも6時間以上が理想的。「毎日6時間以上眠っていますが、精神疾患です」という確率はほとんど無。   精神疾患の方ほど「ぐっすり眠れない」「寝つきが悪い」といった睡眠障害有。

 

・有酸素運動 を「週2回運動していますが、精神疾患です」ということはない。治療として、運動療法が注目されている。一般的には・・・週に150分以上の有酸素運動と、薬物療法は同じくらい、またはそれ以上の効果がある。 具体的な運動は、ランニングや水泳または普通の散歩のような軽い運動でも気分向上効果が認められている。  運動をすると、「睡眠の質が改善する」「ストレスを低下させる」など、良いことず。  

 

と、このように至ってシンプルな治療法を取り入れていると予測。

 

それだけに、これまでが、いかにシンプルなことさえままならない、過酷な環境下での生活であったと予測。

 

深田恭子適応障害治療回復で引退は?

回復にむけて歩みだされて深田恭子さん。

 

そして彼女の復帰はいつなのか?

 

また

 

このまま引退となってしまうのか?気になるところではないでしょうか。

 

そこて今回調査をしてみました。

 

①コロナ禍での治療

②ハワイ渡米

③回復からの引退

 

以下順番に解説していきますね。

 

①・・・2020年コロナ禍以降、全ての方に大きな変化となった「新しい生活様式」そこからの心身のストレス。まさに、コロナ疲れも今回の適応障害の一因ともいわれます。そんな中での治療は、これまでコロナ禍以前と比較しても様々な制約のかかった状態。それだけに治療時間も長期になる予測。

 

 

②・・・趣味のサ-フィンでもおなじみの深田恭子さん。また、そんなことからハワイ好きでも有名。少しずつではあるもののハワイ渡航も現実化された今、タイミングをみてハワイ渡米で心身の洗濯の予測あり。

 

③・・・そもそも適応障害とは以下のような症状※以下一部記事引用。

 

・ストレスの原因が明確であり、その原因となることが起きて3か月以内に症状が出現

・ストレスの原因となることに不相応なレベルの症状や苦痛がある

.社会的、職業的など生活面で重大な機能的障害がある

・他の精神疾患では説明がつかない

・ストレスの原因がなくなった場合、症状はそれから6か月以上は続かない

 

と、このようなことから

 

復帰時期は未定は勿論のこと・・・むしろ原因であるとされる「仕事」ということがとり省かれてしまうと

 

むしろ復帰することで再発の懸念が予測そのため引退ということも

 

無いことは無い

 

という予測なのです。

 

ファンの方は勿論のこと、これまで長年彼女を外野から眺めていた方にとっては引退説はとても悲しいこと。

 

しかし心身の健康があってこそ。芸能人である以前に、1人の人間という前提があれば、彼女の今後について暖かく見守りたいですね。

 

 

うろうろ きょう も ひとりごとお立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました