どうなるのオリンピック?開催で意外にあっったメリットとは?

生活

いよいよ7/23金曜~開催となるのかオリンピック  

 

1年延期となった今回のオリンピック  

 

そして、今尚、様々な論議が繰り返されている中、

 

そこで今回は・・・

 

 

どうなるのオリンピック?開催で意外にあっったメリットとは?

 

 

 

  と題して記事にしてみました。          

 

オリンピック楽しみ?楽しみじゃない?どっち

 

そんな、今尚開催が何とも危ぶまれる今回のオリンピック

 

そこで今回、最新調査の結果では・・・

 

楽しみにしているという方の割合が以下の結果と判明。

 

7割以上が反対! 

そんな半数以上を占めてしまった反対。反対と回答した理由は「新型コロナの収束していない現状では時期尚早」が48.8%がで最多。まさにごもっとも。

 

 

そもそも昨年はどうだったのでしょうか?結果は・・・

 

7割を超える方が「とても楽しみ」20.8%、または「やや楽しみ」50.0%と回答

 

その理由とは・・・

「日本で開催されるから」が1位

「東京で開催されるから」が2位

 

楽しみではない理由では「興味がない、自分の生活には関係ない」が1位。次いで2位に「裏金問題等でテンションが下がった」という声。

1年の時を経て状況は悪化するばかり。

オリンピック開催観戦する?

 

そんな、半数以上の反対ム-ドである現状のオリンピック開催。

 

ステイホ-ム観戦を推奨している中、観戦をするという割合は調査の結果

約5割程度。

 

また観戦しない方も・・・

 

同じく約5割程度

 

という何とも曖昧な結果だったのです。

 

 

https://twitter.com/yuichi0307/status/1413069628406861826?s=20

 

 

オリンピック選手の内心実は?

何かと国民からの厳しい開催反対の声が強まる中・・・

 

では、実際に出場選手の現在の心境はどうなのでしょうか?

 

4年に1度といわれるオリンピック

 

また、今回に限っては昨年のコロナ禍影響からプラス1年延期での開催。

 

そこで、このような情報が判明※以下一部記事引用

 

「選手たちの思いを知ってほしい」。日本オリンピック協会(JOC)の山下泰裕会長が開催機運を高めたいとインタビューに応じた。 「選手がポジティブな発言をすると容赦なくたたかれてしまうことがある」。山下氏は選手の置かれた現状をこう表現する。医療従事者が大変な思いをしているのに自分たちだけが好きなスポーツをして許されるのかと罪悪感を覚える選手や、競合する外国選手の活躍に焦りを感じる選手もいるという。

とのこと。

たしかに、出場選手には何ら罪はなく、むしろ擁護の予知があるほど。

 

しかし気になるのはこうした選手の声を選手本人ではなく協会側から発信していることではないでしょうか。

 

それだけに選手1人1人の現在の胸中は謎のままと予測。

 

オリンピック開催メリットって何?

交通規制は勿論のこと・・・
 
何よりまだまだ収まりが見えない
 
コロナウィルス
 
 
 
そして
 
緊急事態宣言発令最中での開催に疑問や不満課題が山積みで消化不良の現在。


 
 

 

今回、何としてでも開催に踏み込もうという意気込みが半端なく感じるのは筆者だけではないと予測。

 

そんな、何としでも開催理由は・・・ズバリ下記となりました。

 

①世界平和

②勇気づけ

③お金

④雇用

 

以下順番に解説しますね。

 

①・・・そもそもオリンピック・五輪のコンセプトは「世界平和」世界中の選手が集結する中で、まさにこの「世界平和」が狙いの1つ。

 

②・・・2020年コロナ禍をはじめとする、日々様々な事件やニュースがある中、オリンピックを開催することによって世界中の人々に勇気づけができるという予測。

 

③・・・今回のオリンピックでは何と約2兆円のお金が動いているともされています。

同じ金額であれば・・・例として、全国の小中学校の給食費用が無償化できるほどとも言われている。
 
④・・・オリンピックというイベントに、特需効果も重なり、それに伴う雇用の拡大が必要と予測。そのためコロナ禍以降の失業率の回復にもなる。
 
 
 
 
何とか絞り出されたかのようなオリンピック開催でのメリット。
 
 
当然ながらデメリットのボリュームが大きいだけに、ついつい見いだされないメリット。
 
 
しかしこの場に及んで、開催されないことを待ち望むよりも・・・数少ないであろう、メリットに焦点、そし選手そのものに焦点をむけることが、そもそも、われわれ視聴者・国民へのメリットなのかもしれませんね。
 
 
 
うろうろ きょうも ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。
 
タイトルとURLをコピーしました