コロナで謝罪は本当に必要なの?芸能界

芸能

 

まさに一般人以上に、日々影響力を与え続けている芸能界。

 

コロナウィルスで芸能界謝罪どうして

 

どれだけ万全な対策注意をしていても、いつ感染してしまうかは誰もが不明のコロナウィルス。

そんな中、感染してしまった芸能人、タレントが必ずともいえる

 

謝罪の発表コメント

 

 

 

そもそもこうした謝罪は必要なのでしょうか?

 

そこで、今回謝罪についても調査をしてみました。

 

「一般のファンの方に対して、ご心配をおかけして…という思いはありますが、仕事先の関係者の皆様に迷惑をかけたので謝りたかった。」

 

「たまたま仕事が立て込んでいて迷惑をかける相手が多かった。」

 

「メディアを通じてでも謝罪の思いを伝えたかった」

 

 

という声があると判明したのです。

 

コロナで謝罪の理由と本当に必要なの?

何よりコロナウィルスに感染して1番辛いのはおそらく本人であるにもかかわらず

 

謝罪がセット

 

とされるそんな理由を調査してみました。

 

①日本人

②真面目気質

③罪悪感

 

以下順番に解説しますね。

 

①・・・今回調査の中で判明したのはこうした「謝罪」のコメント。実は、世界中をみると、日本独自であったと判明。海外では謝罪の場を設けるということは無し。

 

②・・・①同様に日本人は「真面目」気質ともも言われる。

 

③・・・①、②同様に日本人は「休む」という行為 = 罪悪感を感じる。

 

こうしたことから

 

何もコロナウィルスになりたくなくて感染しても、また、例え万全な対策をしていようとも

 

 

謝罪

 

 

という場が登場していると予測。

 

但し・・・多くの「謝罪」のコメントの背景には「仕事への影響を及ぼした」ことに対する謝罪であるともいえる。

また、こうした

 

日本人特有

 

ということ以外に

 

芸能人 = 自分自身が商品

 

という位置づけであること。

 

それだけ、影響力があるだけに、せめてもの

 

 

謝罪

 

という表現がまさに、当たり障りなく、とされるのかもしれません。

 

いずれにせよ、芸能人であっても、それ以前に1人の人間。

 

だからこそ謝罪の有無を求めるよりも、その後の経過や活躍が何よりの答えや謝罪の表現につながるよううにもみえますね。

 

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

 

 

2020年より世界中を日々騒がせている

 

コロナウィルス

 

それにより、私たちの日々に浸透された、新しい生活様式

 

もはやマスク着用は当然ともなるだけに、今回芸能界でも、ふとした瞬間での

 

ノ-マスク

 

に対する内容が1つ1つ話題へと変換されていますね。

 

  https://news.yahoo.co.jp/articles/ec27eff41dbab2e010ecbfe8411aaf4b3c48d490            

 

コロナは悪!?

 

といったイメ-ジが大きいからこそ、そこに潜む出来事も大きく影響されるのでしょうか。

 

そこで今回は・・・

 

 

コロナで謝罪は本当に必要なの?芸能界

 

 

と題して調査してみました。

 

ノ-マスク定義って

 

コロナ禍よりすっかり定着されたマスク着用。それは決して一般人だけでなく芸能界でも共通。そんな中今回、冒頭の記事にもあったように、俳優吉田鋼太郎さん(62歳)

 

ノ-マスク

 

についての論議の中・・・そこで改めてノ-マスクの定義を調査してみました。

 

 

・気温・湿度の高い中でのマスク着用はむしろ要注意

・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保で きる場合には、マスクをはずす

・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運 動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、 適宜マスクをはずして休憩する

 

ということが判明。

 

そうした定義からでは、今回報道されてしまった、俳優吉田鋼太郎さんについては、むしろご年齢や状況を考慮すると、決して誤った行為ではないと予測。むしろこうした報道こそが誤った見解とも予測されるのです。

 

コロナ芸能界の影響は

 

芸能界でのコロナウィルスの影響は具体的にどのようなことなのか調査をしてみると・・・

 

  • ロケ現場の減少
  • 出演予定者のコロナ感染、また共演者の濃厚接触者対応
  • 上記のことから関係者全てにおいて「暇」が生まれる

 

ということが判明しました。

 

 

まさに一般人以上に、日々影響力を与え続けている芸能界。

 

コロナウィルスで芸能界謝罪どうして

 

どれだけ万全な対策注意をしていても、いつ感染してしまうかは誰もが不明のコロナウィルス。

そんな中、感染してしまった芸能人、タレントが必ずともいえる

 

謝罪の発表コメント

 

 

 

そもそもこうした謝罪は必要なのでしょうか?

 

そこで、今回謝罪についても調査をしてみました。

 

「一般のファンの方に対して、ご心配をおかけして…という思いはありますが、仕事先の関係者の皆様に迷惑をかけたので謝りたかった。」

 

「たまたま仕事が立て込んでいて迷惑をかける相手が多かった。」

 

「メディアを通じてでも謝罪の思いを伝えたかった」

 

 

という声があると判明したのです。

 

コロナで謝罪の理由と本当に必要なの?

何よりコロナウィルスに感染して1番辛いのはおそらく本人であるにもかかわらず

 

謝罪がセット

 

とされるそんな理由を調査してみました。

 

①日本人

②真面目気質

③罪悪感

 

以下順番に解説しますね。

 

①・・・今回調査の中で判明したのはこうした「謝罪」のコメント。実は、世界中をみると、日本独自であったと判明。海外では謝罪の場を設けるということは無し。

 

②・・・①同様に日本人は「真面目」気質ともも言われる。

 

③・・・①、②同様に日本人は「休む」という行為 = 罪悪感を感じる。

 

こうしたことから

 

何もコロナウィルスになりたくなくて感染しても、また、例え万全な対策をしていようとも

 

 

謝罪

 

 

という場が登場していると予測。

 

但し・・・多くの「謝罪」のコメントの背景には「仕事への影響を及ぼした」ことに対する謝罪であるともいえる。

また、こうした

 

日本人特有

 

ということ以外に

 

芸能人 = 自分自身が商品

 

という位置づけであること。

 

それだけ、影響力があるだけに、せめてもの

 

 

謝罪

 

という表現がまさに、当たり障りなく、とされるのかもしれません。

 

いずれにせよ、芸能人であっても、それ以前に1人の人間。

 

だからこそ謝罪の有無を求めるよりも、その後の経過や活躍が何よりの答えや謝罪の表現につながるよううにもみえますね。

 

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました