瀬戸大也ダイブでオリンピックに別れでも馬淵優佳TVから別れない!?

芸能

現在開催真っ最中の東京オリンピック。

 

 

注目種目の1つであった競泳種目が終了しましたね。

 

そんな中、大会直前まで様々なスキャンダルで注目されていた選手、瀬戸大也さんがオンピックに別れを告げる記事がありましたね。

 

瀬戸大也と萩野公介、ともにプールにダイブ 東京五輪に別れ(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 東京オリンピックの競泳は1日、9日間の日程を終了した。メダル3個を獲得した日本チームは全種目終了後に、プールサイドで選手やコーチらで記念撮影。最後は選手に促された平井伯昌監督が瀬戸大也(TEAM 

 

 

そこで今回は・・・

 

 

 

瀬戸大也ダイブでオリンピックに別れでも

馬淵優佳TVから別れない!?

 

 

と題して調査してみました。

瀬戸大也オリンピックに別れ

 

遡ること昨年2020年の不貞行為報道から様々なスキャンダルが沸き上がった

 

瀬戸大也さん

 

そんな中、終了を迎えた今回の東京オリンピック。

 

戦友とも言うべき仲間との一コマにはsnsnをはじめ様々な声があがっているようですね。

 

https://twitter.com/kz1kz1yk1yk3/status/1421937323432812547?s=20

 

結果はどうであれ、まずは

 

 

全日程改めお疲れさまでした

 

といったところなのでししょうか・・・

 

瀬戸大也といえば・・・あの人

 

瀬戸大也さんといえば・・・もはやあの人?

 

 

とも連想してしまうほど・・・

 

彼の昨年の不貞行為報道以来、一気にメディア露出した

 

 

奥様である

 

馬淵優佳さん

 

その露出は日に日に加速するばかりで・・・今や、

 

見ない日

出ない日

 

は無い!?とも言えるほどではないでしょうか。

 

そんな馬淵優佳さん、夫である瀬戸大也さんの不貞行為報道直後は・・・

 

かわいそう

され妻

 

といった擁護の声があったようですが・・・

 

一気に急変し・・・今や

 

あざとい

 

 

とまで言われているのは有名ですね。

 

 

馬淵優佳嫌われるのは国籍だけ

今となればもはや

 

嫌い

苦手

 

ともいう声が増加傾向にある馬淵優佳さん

 

その理由の中には・・・ご両親が中国籍といわれています。※以下一部記事引用

 

「馬淵さんへのSNSでの誹謗中傷とかっていうのもあるんですか?」と聞かれた馬淵は「ありますね」と即答。「やっぱりテレビに出ることが多くなると、余計SNSでいろんなご意見いただくことが多いんですけど、それを覚悟の上で出てるので、特に私自身気にすることはないんですけど」と気持の強さを見せたが「やっぱり一つ、一番気になるのは国籍やルーツに関して批判する人がいるんですね。私、両親が中国出身で帰化して、日本で生まれ育ったんですけど、血筋は中国なので。『中国人だからこうだ』とか『中国人だから気が強い』とか、あと『中国に帰れ』とか、そういう意見をいただく。それは国を批判してると受け取りますし、両親に対しても言われてるように感じるので、すごい嫌な気持ちになるんですよ」。

ですが、こうした声は一部にすぎず・・・むしろ、そうした人種・国籍への差別は

 

良くない

悪い

 

といった、まさに擁護の声が高いと判明。

ヒトは100のいいねより1のアンチに心が傷つくといわれる。

 

馬淵優佳露出増は離婚視野

 

そんな加速が止まらない馬淵優佳さん

 

当初は・・・一部では・・・

 

瀬戸大也さんとの離婚を視野にシングルマザーへの準備として仕事を増やしているのでは?

 

と噂されていたようです。

 

しかし、今回調査をする中で以下のことが予測されました。

 

 

・自身の仕事への姿勢について・・・「直前にいきなり依頼された仕事でも、性格的になかなか断れず、すぐ受け入れてしまう」「それにより夫婦喧嘩もある」という目の前のことについつい全力投球してしまアスリート魂と予測。※以下一部記事引用

「選手を引退して、すぐに結婚して子どもができて、それはそれで幸せだったんですけど、自分を犠牲にしすぎた部分がありました。同じ思いを持つ世のお母さん方は多いと思うんですが、子育てや家事だけをしていると、社会とつながっていない気持ちになります」

「もうちょっと自分のやりたいことや自分自身に目を向けていいのかなと思い始めて。自分がキラキラしている存在でありたいし、そういう姿を子どもに見せたい。今は、何でもやろうと思って、今年は挑戦の年と決めています。これは嫌や、あれはできへんかも、というのは言わない。とりあえず、一回はやってみるのがモットーです」

 

・誹謗中傷は飛び込んで解決。鉄のメンタル。元飛び込み選手であっった馬淵優佳さん。飛び込み台の高さは何と3メートル。想像を絶する度胸が必須。それだけに世間からの、誹謗中傷さえも鉄のメンタルで立ち向かうと予測。※以下一部記事引用

選手時代は、3メートルもの高さからプールに飛び込み、美しく、さっそうと競技を続けていた。「今までスポーツしかやってこなかったから、競技の外の世界に出るという一歩が重かったですね。行動に移すまで、すごく時間がかかりました。でもやらないで気持ちを残したまま過ごすのはしんどい。勇気を出したら、周りの人が助けてくれたり、こういう道もあるよと色んなアドバイスをくれたり。自分が一歩踏み出して、言葉にするだけでも状況は変わるんやと思いました」

馬淵優佳TVから別れない!?

瀬戸大也さんの東京オリンピックは終了。

 

ともなれば、サポート役でもある、妻馬淵優佳さんの露出も終わりを告げるのか・・・?気になるところですね。

 

しかしながら、オリンピック開催前にはこのようなコメントがあったのです。※以下一部記事

「考える前に一回やってほしいですね。私もそうですけど、始める前にあれこれ考えていたんですよ。でも、やってみてから考えればいいって。女優もまずは挑戦してみたら、すごく楽しくて、色々と勉強になりました」

このようなことからメディア登場への意気込みも再確認。

 

瀬戸大也さんとの離婚が有無にかかわらず、彼女自身の生き方には、目の前のことに

 

挑戦する

 

 

ことが基本となっていると予測。だからこそ、世間からの様々な誹謗中傷も考える前に・・・

 

挑戦

 

 

なのでしょうか。

 

今後の彼女のメディアへの華麗な飛び込みから目が離せないですね。

 

うろうろ きょう も ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました