五輪後も継続?馬淵優佳ママタレ需要はこんな理由から

芸能

東京オリンピック開催真っ最中の中・・・

 

そしてすでに終了種目がある中・・・

 

終わりを告げたとも思えた、期待の種目の1つ

 

日本競泳

 

しかし・・・競技を終えても今尚、終わりのない場面があったのです。

 

瀬戸大也の妻・馬淵優佳さん ママタレ界に“殴り込み”  誹謗中傷への抗議で好感度UP!(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
 東京五輪では連日のようにアスリートが活躍し、多くのヒーロー、ヒロインが生まれている。そんな中、場外からも〝スター〟が誕生した。競泳日本代表・瀬戸大也(27)の妻の馬淵優佳さん(26)だ。連日のよう

夫である競泳瀬戸大也さん

 

今回メダル獲得ならずの結果になったものの・・・

 

妻である馬淵優佳さん

 

 

見ない日はない

 

 

とも言えるのではないでしょうか。

 

そこで今回は・・・

 

五輪後も継続?馬淵優佳ママタレ需要はこんな理由から

 

 

と題して調査してみました。

 

馬淵優佳ママタレへ

馬淵優佳さんといえば・・・そもそも瀬戸大也さんの妻として当初は

 

専業主婦・サポーター

 

という印象が多かった中・・・

 

 

今となればもはや・・・

 

ママタレ

 

とも言われる位置づけに君臨しているようです。

 

第5回好きなママタレントランキング
 芸能界で“ママタレ”という言葉が定着し、10余年。今年も妊娠&出産のニュースが相次いだ。コロナ禍でSNSが活発になる中、ママタレたちも子育てに奮闘する様子や手料理を披露している。今年もORICONNEWSでは『好きなママタレントランキング』を発表。今年9月に第一子を出産したばかりの【北川景子】が初首位に。常連の小倉優...

 

 

一見需要がある、世間からの

 

支持率が高い

好感度が高い

 

とも思われた記事。

 

 

しかし、そうした声は一部にすぎず・・・

 

また一部ではこのようにささやかれています。

 

 

馬淵優佳ってママタレなの

 

そもそもママタレとは?今回調査する中で以下の定義が確認できました。

子供を持ち、育児に携わっていることを前面に押し出してタレント活動を行っている女性タレントの通称。

 

しかしながら、実際には馬淵優佳さんの存在は多くの方にとって

 

幸か不幸か夫瀬戸大也さんの不貞行為で一気に有名人に?!

 

 

ということ。

 

ここには、お子さんのことが前面された様子は一切なし。

 

言い換えれば・・・・たまたま子供がいます、ということにもなってしまと予測。

 

馬淵優佳需要有は嫌われても

 

馬淵優佳さんといえば・・・

 

そもそも2020年夫瀬戸大也さんの不貞行為報道から一気に有名に

 

 

そして当初は

 

され妻

かわいそう

 

といった擁護の声が高まったのも束の間・・・

 

現在はそんなスキャンダルさえもばねに、まるで踏み台のごとく着々と連日メディア当所の姿に視聴者からは

 

計算高い

あざとい

でしゃばり

観たくない

 

といった声に変化していることが判明。

 

そんな一見嫌われ側になったとも思える馬淵優佳さん

 

そんな彼女の実際の需要とは・・・調査の中で以下のことが予測されました。

 

 

  • 世界中が日々コロナウィルスと戦う中、夫のスキャンダルも強くたくましくはねのける勇敢さ
  • 芸能界では実は20代のママタレント上位はまさかの不在
  • 不倫という日本人にとってダ-クな内容に立ち向かう姿勢が、リアルに悩む一般人のお手本

 

このようなことから、むしろ現代人にとってのお手本とも言える生き方が需要生む可能性とも予測されます。

 

馬淵優佳ママタレ需要はこんな理由から

 

そんない一見

 

嫌われている

アンチ多数

 

といった需要無とも思われる彼女の存在。しかし更に調査すると以下のことに結びつきました。

・好きなママタレントの上位はかわらず30代以降の方々ばかり。その理由の1つに芸能界でも「晩婚型」が急増。仕事への充実感また、事務所指示など様々な背景から結婚そのものが遅くなり、すなわち出産も高齢化傾向。

・芸能人に限らず・・・人は年を重ねるごとに保守的になる傾向。そのため保守的な行動や落ち着いた行動から、一般人にとっては他人事に感じてしまいがち。

 

また女優モデルであれば、晩婚からの高齢出産ともなると・・・

 


容姿の変化は周囲からの注目の的

 

馬淵優佳さんに関してはそもそもが

 

元アスリート

 

 

 

という彼女だけにむしろ美に磨きがかかり

 

失うものは何ひとつ無

 

というまさに無敵の状態。

 

このような理由から五輪は終わりを告げても更に彼女の需要は加速傾向とも予測。

 

ヒトは

 

見たくないからこそついついそこに注目してしまう生き物

 

でもあるがため、彼女の果敢な姿勢がこれからも目が離せないようになりそうですね。

 

うろうろきょうも ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました