有村昆けじめだけじゃなかった握った親権

芸能

おしどり夫婦としても有名な一組だった。

 

 

有村昆さん・丸岡いずみさんご夫婦

 

 

そんな中・・・2021年5月おこった有村昆さんのスキャンダル

 

 

一気にイメ-ジダウンから活動自粛となった、有村昆さんが今回登場。

 

 

そこでのコメントに話題が上がっていましたね。

 

有村昆、高橋真麻らにフルボッコ…「アゲチン」「不倫」けじめの「切腹」(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
5月にラブホ密会が報じられ、活動自粛中の映画コメンテーター、有村昆(45)が16日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に生出演し、不倫未遂騒動を謝罪した。報道について「女の子

 

 

そこで今回は・・・

 

 

有村昆けじめだけじゃなかった握った親権

 

 

と題して調査してみました。

 

 

活動自粛からのそんなイメ-ジダウンの有村さん

 

 

まだまだ言動は加速するのでしょうか。

 

 

おしどり夫婦からの衝撃

 

おしどり夫婦とも言われた

 

有村昆さん&丸岡いずみさん

 

 

 

そんなお2人がそもそも離婚という結果になったのは・・・2021年5月浮上した

 

 

有村昆さん

 

 

の不倫騒動は有名ですね。

 

 

 

その後あれよあれよと・・・

 

同年7月には離婚。

 

そこで大きな衝撃ともなったのはお2人のお子さんについての

 

 

親権

 

ではなかったでしょうか?

 

子どもがいる際の離婚って・・・大抵女性が親権を握るイメージだわ

 

有村昆が握った親権なぜ

 

そんな衝撃の1つがお2人のお子さんの

 

親権

 

 

まだまだ親権について日本では約8割近くが女性が握っている状態。

 

日本においては現在9割以上が女性が親権握ると調査済み。

 

そんな中・・・

 

離婚理由の原因・火種とも言える当事者

 

有村昆さん

 

がわざわざ握った親権。

 

 

まさにこのような見解からも違和感ではないでしょうか。

 

有村昆けじめからの親権

そんなトラブル発端の本人とも言える有村昆さんが握った

 

 

親権

 

 

そこで調査進めると以下の理由から有村さんが親権握ったと予測。

 

  • 有村さんのご実家そのものが裕福、大富豪のため、様々なサポートが叶う。決して男手1つで育てあげるという育児ではない
  • 冒頭記事にもあるように離婚そのものがけじめと発言。そのため親権もけじめ
  • 世間からのイメージ回復ねらい

 

 

という予測。

 

ご本人は離婚の申し出そのものを自ら差し出したという発言にも今回衝撃でしたね。

 

そんな表現を

 

切腹

 

 

ともされていましたが・・・そもそも切腹とは※以下一部記事引用

切腹(せっぷく)は、自らの腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)、割腹(かっぷく)、屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗

そんな生々しい

 

腹切り

 

 

というほどの覚悟だったのか?

 

むしろ

 

腹黒い

 

 

とも感じるのは筆者だけでしょうか・・・

 

 

有村昆けじめだけじゃなかった握った親権

 

そんな違和感がまだまだ残りがちな有村昆さんの離婚からの親権。

 

産みの母でもある丸岡いずみさんに渡らなかったのはなぜなのか・・・

 

 

そこで今回更に調査進めてみました。

 

  • 2011年に丸岡いずみさんはうつ病を患う。
  • うつ病治療中、何より有村昆さんの支えが大きかったとも発言。その末結婚となるが今回の裏切り行為とも言える不倫報道。
  • そもそものうつ病に加え産後うつが心配されるため。

 

産後うつとは、出産の後に精神的に不安定な状態になることです。 産後うつは出産によってホルモンバランスが乱れることと、育児に対する不安や環境の変化といったストレスの2つが原因と考えられています。

 

また・・・

 

そもそものうつ病には完治の期間はまさに人それれぞれ。

 

心の病は目には見えないだけに慎重に取り組む必要性から、親権を有村昆さんに託したと予測。

 

うつ病の診断を受けてから、十分な休養をとりながら適切な薬物治療を開始することで、1~3カ月ほどで症状が軽快(症状が軽くなること)するのが一般的ですが、人によっては半年以上かかるケースもあります。

 

夫婦関係そして人間関係は当人同士にしか理解不能。

 

 

それだけに周囲の我々からの予測も果てしなく続くのではないでしょうか。

 

 

いずれにせよお子さんには否無。

 

 

それだけに新しい未来期待したいですね。

 

うろうろ きょうも ひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

 

タイトルとURLをコピーしました