芸能界のコロナ疲れ解決方法実は手だった!?

芸能

2020年コロナ禍以降すっかり耳慣れしてしまった

 

コロナ疲れ

 

一般人以上に、日々緊張やストレスにさらされた状態とも予測される芸能人たち

 

それだけに、今回のコロナ禍以降、様々な方にも影響があるようですね

 

 

水川あさみ、陰謀論めいたことを熱く話す時も 高城剛氏の影響か?(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
 クールな見た目に反して、明るいサバサバとした性格が魅力的な水川あさみ(38才)。彼女を慕う人は多く、俳優、芸人、モデルなど幅広い交友関係で芸能界の中でも一大勢力を築いているが、最近彼女の言動に首を

 

そこで今回は・・・

 

芸能界のコロナ疲れ解決方法実は手だった!?

 

 

と題して調査してみました。

 

コロナ疲れの割合とは

 

2020年コロナ禍以降、1年半以上か経過した今尚、留まるところを知らず、また終わりの見えない状態。

 

 

そんな中での

 

 

コロナ疲れ

 

今回調査をしてみると

 

約7割

 

の方が自覚ある

 

コロナ疲れ

 

と判明。自覚している中でもこれだけともなれば、無意識の方を加えれば、更に大多数と予測

 

芸能人もあるあるコロナ疲れ

 

そんな大多数の方にのしかかっいる

 

コロナ疲れ

 

調査の中では、芸能界でも公表されていることが判明

 

女優真矢みきさんは、このような様子をのべられていたのです※以下一部記事引用

 

 

 真矢は手指の消毒や自炊機会が増えたことから「最近私の指は指紋認証も反応せずハンドクリームが離せない日々」と乾燥に悩む近況を報告。「コロナ禍疲れ、自炊疲れの日々」と落ち込みつつ、「気分転換に最近油絵を始めました」と明かした。
 これまでは「難しそう…」と、油絵に対してずっと尻込みしていたそう。それでもいざ初めてみると、「一度描いた上に又絵の具を乗せる事ができ、やり直しが容易なので、いつでも修正が可能な油彩画に驚きや発見があります」とすっかりハマっている。
とこのように・・・自覚ある、コロナ疲れとともに、ご自身でしっかりと、解決解消方法を編み出してらっしゃるところが、さすが大人の女性ですね。

芸能人コロナ疲れの理由って

芸能人といっても、それ以前に、1人の血の通った人間。それだけに、これまで体験したことのない
コロナ
との闘いには、やはり
コロナ疲れ
がつきまとってしまうことが予測
また、芸能人だからこその、コロナ疲れの理由とは、調査の中で以下と予測されました。
  • 外出自粛要請に伴い引きこもり状態。外の世界に常に発信している芸能人にとっては、なかなか慣れないこと
  • 撮影現場での長期に及ぶマスク着用。体力勝負だけに心身ともに疲弊
  • 多くの方か外出自粛傾向となり、これまで以上にsnsが盛んになる一方で芸能人としての誹謗中傷をうけやすい

 

このようなことから、むしろ内側に閉じこもりってしまうことによって

 

余暇

 

 

を獲得できるのではなく、むしろ自身の存在価値を確認する場面が減少しつつあることによって

 

コロナ疲れ

 

が加速と予測。見られてなんぼの世界です。

 

コロナ疲れ解決方法実は手だった!?

華やかなイメージの強い芸能界

 

それだけに我々同様、むしろそれ以上に

コロナ疲れ
にさらされていると思うと、深刻とも言える現在
そんな中、更に調査を進めると・・・解決方法の1つに
が重要であると予測※以下一部記事引用

 

おすすめなのが、手芸やペーパークラフト、アクセサリー作り、料理などをはじめとした手・指を動かす作業。手を動かすことは脳を活性化させ、うつ病の回復に役立つといわれるほど。ただし、パソコンやスマホ、タブレットでのゲームで指を動かすのは、実は脳にとっても常に情報処理をしなければならない疲労を継続している状態なので、エネルギー回復にはあまり効果がない場合も多いので、注意。一方で、音楽や映画鑑賞などはリラックス効果やエネルギーの回復にも役立。私たちが疲れる原因は、外出や人に会うのを「我慢」しなくてはいけないから。

 

まさに真矢みきさんのように絵画に取り組む

 

手作業 イコ-ル コロナ疲れ解消

 

との関係がからみあっていたでしょうか。また実は芸能界には

 

ゲ-ム好き、趣味

 

といった方が多数判明。手作業とも言えると予測。

 

 

多忙だけに・・・

 

趣味 イコ-ル 仕事

 

 

といった状況になりがちともいえる芸能人

 

それだけに自身の身近な

 

 

というツ-ルで、自らのコロナストレスを解消してあげることが結果として、吉とでるとも予測

 

コロナ禍以降・・・手消毒が習慣化された現在

 

それだけにこれまでのように

 

握手

 

といったファンサービスも消滅

 

 

にしかできない仕事を分担させてあげることが身近な解決かもしれませんね

 

 

うろうろ きょうもひとりごと お立ち寄りありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました