GACKTまさかの重度発生障害!?神経疾患告白のカギは?

芸能

ストイックで有名な歌手

 

GACKTさん

 

が何と、この度重度の発生障害で一時は命の危機にさらされていた話題が入ってきましたね

 

GACKT、持病の神経系疾患悪化で一時重篤だった…重度の発声障害も併発し無期限活動休止を発表(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース
 体調不良が心配されていた歌手のGACKT(48)が、持病の神経系疾患が悪化して一時重篤だったことが7日、分かった。重度の発声障害も併発しており、エージェント会社「グラブエンターテイメント」は同日、

海外在住のGACKTさんだけに

 

国境を越えて届いたニュースにまさかの衝撃

 

そこで今回は・・・

 

GACKTまさかの重度発生障害!?神経疾患告白のカギは?

 

 

と題して調査してみました。

 

GACKT実は抱えていた持病

 

今回活動無期限休止報告となった

 

GACKTさん

 

そもそもは持病があったということ

 

 

その辺りについては・・・

 

 

すでにsnsでも心配されていますね

 

 

 

 

 

完璧主義ともみえる彼だけにやはり持病への告白は差し控えいたのでしょうか

GACKTの敵はどんなもの

 

今回まさかの

 

無期限活動休止

 

によって浮上した

 

持病の神経疾患

 

そこで今回、神経疾患について、調査をしてみました※以下一部記事引用

 

脳・脊髄・末梢神経など神経自体の病変または筋肉自体の病変によって運動障害をきたす疾患の総称です。 代表的な疾患としてパーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、ウイルスや菌による神経炎や脊髄炎、重症筋無力症、筋ジストロフィー、多発性筋炎などがあります。 診断や治療は主に神経内科や免疫内科などで行います。

ストイックな彼の

 

心身

 

からは想像しがたい病

 

決して、筋肉に支障などなく、まさに無敵のボディともおもえます

 

GACKTストイックだから招いた

体脂肪の少なさでも有名なGACKTさん

 

 

普段は8パ-セント

 

ツアー中は6パ-セント

 

 

まで徹底的に管理するまさにアスリート顔負け

 

そんなストイックすぎるともいえるGACKTさん

 

 

実は今回調査をする中でこうした

 

 

ストイックすぎる = 重度の症状へ陥った

 

 

とささやかれているのです

 

  • 体脂肪を落としすぎるとむしろ病原菌を守るのも厳しくなる
  • ストイックすぎてカラダのダメージもあるはず
  • 独自の健康法って一歩間違えるとかなり危険

 

といった声

 

 

やはり全てのものごとは

 

やりすぎると = バランスを崩す

 

 

といった結果になるのでしょうか

 

GACKTだけじゃない神経疾患

 

今回持病である神経疾患の影響も浮上した

 

GACKTさん

 

調査の中で実は過去に芸能界でも以下の方が

 

 

神経疾患を公表

 

坂口憲二さん

 

 

公表とともに芸異能活動を引退

 

 

今井翼さん

 

 

公表とともにやっとご自身のペースで再開された様子

 

このように

 

 

引退

または

ゆるやかなペース

 

が月日をかけての結果となっている様子

 

 

それだけにGACKTさんの今後の進退が心配されますね

 

GACKTなんでストイックなの

今回、命の危機にまでさらされたというGACKTさん

 

背景には・・・

 

ストイックすぎる

 

という噂。ではなぜそこまでストイックなのか調査をすると、過去にこのようにコメントされていたのです※以下一部記事引用

 

「僕のライブを見てくれたら分かるけど、47歳でこれほどパフォーマンスできる人間はいない。理由は簡単で(トレーニングを)やっているから。ファンが来てよかったと思えるために、自分が存在している。やりたいときにやれるだけの体をキープするための努力を毎日やっている。体がダメになったら人生が終わる」

26歳から1日1食だけの生活をしているGACKTは「サプリやプロテインは摂っていますが、食事はとらない。お腹が空くという感覚がない」と話す。

彼の情熱がうかがえる一面であり、しかしながら命あてこそ

 

まさかの重度発生障害!?神経疾患告白のカギは?

無期限活動休止となったGACKTさん

 

では復帰回復のカギとは・・・

 

今回調査の中て以下に予測されたのです

 

 

急激な変化避ける

 

そこには

 

 

自律神経がポイントと予測

※以下一部記事引用

自律神経とは、身体の働きを調整する神経のことで、交感神経と副交感神経の二つから成り立っています。 主に交感神経は身体の働きを促し、副交感神経は逆に休ませるといった役割を持ち、状況に応じてそれぞれが働くことで、自律神経は私たちの身体を常にベストな状態にしようとしています

  • 日本と海外の行き来からの心身のストレス
  • ボディへのこだわりからダメージは想像以上

 

こうした急激な変化はまさに、自律神経に大きく影響と予測

 

今回の休息が、どうか大きなタ-ニングポイントとなり、更なるステップアップになることを日本より祈りしたいばかりですね

 

 

うろうろ きょう もひとり ごと お立ち寄りありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました