コロナワクチン8割が経験副反応?!注意するのは自律神経?

生活

2020年コロナ禍以降・・・

 

感染者数が増加する中・・・

 

同時に

 

コロナワクチン接種

 

 

が広まりだしていますね

 

 

摂取する・しない

 

 

の選択はまさに

 

 

十人十色

 

 

そんな中、このような近況が判明しましたね

 

ワクチン2回接種 国民の5割に - Yahoo!ニュース
新型コロナワクチンの2回目の接種を受けた人の割合が全国民の5割になった。64歳以下の接種率は自治体でばらつきがあり、11月までに希望者全員にワクチン接種を終える政府目標の達成には、遅れている地域で接種の加速化が求められる。

 

 

すでに5割?まだ5割?

 

どうなのでしょうか

 

 

そこで、摂取された方、またこれから検討中の方にとって

 

 

 

副反応

 

 

はやはり気になるところではないでしょうか

 

そこで今回は・・・

 

コロナワクチン8割が経験副反応?!

注意するのは自律神経?

 

 

と題して調査してみました

 

コロナワクチン副反応の割合

 

既に約5割の方が2回のコロナワクチン接種完了という結果が判明

 

 

そこで、老若男女問わず今回調査する中で

 

 

約8割

 

 

の方が何かしらの

 

 

副反応が出た

 

 

とのこと。そもそも副反応とは・・・

 

副反応と副作用って同じ

 

今回調査する中で、判明されたのが多くの方にとっての

 

副反応と副作用

 

 

の違いについて、実はあまり知られていなかったということ

 

または

 

そんなのどちらもいっしょでしょう?考えたこともないけど

という声が多かったのです

 

そこで改めて今回ざっくりと整理してみましたよ※以下一部記事引用

予防接種の後に、熱が出たり、機嫌が悪くなったり、はれたり、しこりがでたりすることがありますが、そのほとんどが2~3日で自然に消えてしまいます。このような好ましくない変化を副反応と言います。

 

まさにこちらが今回、コロナワクチン接種後、多くの人が経験していることではないでしょうか

 

 

そして、こちらが間違われやすい、副作用※以下一部記事引用

 副作用とは、薬物を服用したことによって生じる、主要な作用以外の2次作用を指す。 人体にとって悪い影響を及ぼす作用を副作用と呼ぶ傾向が強いが、本来の意味では良い作用か悪い作用かによって呼び分けるものではないので、注意が必要である。人体に悪影響を及ぼす作用のみを厳密に指す場合は、副作用ではなく「薬物有害反応」という言葉を用いる。 

このように一見似ているようてはあるものの・・・曖昧にも感じるだけにデマが飛び交うとも予測

 

コロナワクチン副反応実態は

世間では、一般的に以下のような副反応についての体験コメントが多く見受けられいませんか?

 

  • 1回目摂取よりも2回目の方がきつい
  • 中高年はあまり副反応がでない
  • 若年層ほど副反応がでやすい
  • 女性のほうが男性よりもでやすい

 

ということ

 

しかし、事実ではあり、またデマといった情報もあるだけに、今後摂取を控えている方にとっては、大きな不安要素にはなると予測

 

 

 

コロナワクチン副反応以前の注意って

実は、今回、筆者もすでにワクチン接種を終えたのですが・・・

 

 

副反応

 

以前に、以下のことが想定外に

 

気がかり・心配の火種

 

 

となっていました

 

 

それは・・・

会場内

 

全国各会場によってまさに様々な対応ではあるものの・・・snsでも以下のような声がありました

 

 

 

潜伏期間などを考慮すると、まさに

 

感染予防のためのコロナワクチンが、むしろ感染へとつながっていてはまさに

 

 

本末転倒

 

8割が経験副反応?!注意するのは自律神経?

 様々な副反応に対する情報が行きかう中・・・

 

調査の中で、以下の対処法をする方が多数と判明

 

  • 発熱を予測し解熱剤の用意とともにワクチン接種後飲用する
  • 発熱覚悟でとにかく飲食物の確保

 

 

これではまるで

 

発熱してほしい

 

 

とまるで懇願しているかのような準備態勢なのでは?・・・と感じるのは筆者だけでしょうか

 

そこで、今回調査する中で以下の興味深い内容が判明しました。※以下一部記事引用

接種後に立ちくらみや失神などが起きる場合があるが、通常、これはワクチンの“副反応”ではない。「血管迷走神経反射」と呼ばれ、注射の痛みや緊張、不安などが相まって自律神経のバランスが崩れ、急激な血圧低下の結果生じたものである。 接種前に不安を取り除き、少々の痛みや副反応は甘受するつもりで(個人差も大きいが)、穏やかな気持ちで接種に臨むことで、そうした“有害事象”リスクの回避につながる。

このようなことから

 

発熱を歓迎・ウェルカム

 

するかのような準備態勢以前に

 

自律神経

 

をいかに整えておくかが意外な準備態勢と予測

 

自律神経は・・・交感神経副交感神経の2つで成り立つ。また急激な変化にすぐさまバランス崩すため、普段通りや、あまり大きな変化をおこさないことがポイント

ワクチン接種後の副反応はまさに人それぞれ

 

 

それだけに、いかに平常心で普段通りに近い環境で

 

歓迎・ウェルカム

 

することではないでしょうか

 

 

うろうろ きょうも ひとりごとおたちより ありがとうございます

 

タイトルとURLをコピーしました