再発懸念深田恭子早すぎる復帰の声は声だけでわかったから?

芸能

2021年5月、適応障害のため無期限活動休止発表された

 

 

深田恭子さん

 

そんな中既に周囲では心配の声が!?

 

 

 

深田恭子 FNS歌謡祭の“かすれ声”に「まだ休んで」「無理しないで」とファン悲鳴(女性自身) - Yahoo!ニュース
今年5月下旬に医師から適応障害と診断され、芸能活動を休止するも9月から活動を再開した深田恭子(38)。しかし、『FNS歌謡祭』で見せた“憔悴姿”に心配の声をあげるファンが続出している。

 

 

そこで今回は・・・

 

再発懸念深田恭子早すぎる復帰の声は

声だけでわかったから?

 

 

と題して調査してみました

 

深田恭子やっぱりはやすぎるの復帰は?

2021年5月適応障害を公表され、心配された中、約三ヵ月後に活動再開を発表された深田恭子さん

 

その復帰の報告には以下のような声が溢れていたと判明

 

  • 帰は嬉しい。待っていました。でも無理しないで
  • えっ?ちょっと早すぎない
  • 無理してないかな。再発しなければいいのに

 

といった喜びと同時に心配の声

 

 

 

そこには

 

早すぎるのでは

 

 

という根拠があったからこそ

 

 

 

 

今更だけど深田恭子適応障害って

 

今更ではあるものの・・・しかしながら現在多くの芸能人が

 

精神疾患

 

を公表。そしてその1つの

 

適応障害

 

※以下一部記事引用

身の回りの環境にうまく適応することができず、不安感やいらだち、集中力低下などさまざまな心身の症状があらわれて社会生活に支障をきたしてしまう症状。うつ病と同じくらい多く見られる病気。環境が大きく変化したときには誰にでも起こり得る身近なもの。ストレスのかかる環境から離れることができれば、さまざまな心身の症状が改善する。長い間ストレスのかかる環境下で我慢を続けているうちに重症化してしまい、休日のストレスのかからない環境にもかかわらず楽しむことのできないうつ病など引き起こす可能性もあり。早めの対処が必要。

 

そんな深田恭子さんの早すぎるとささやかれる復帰

 

今回調査の中で改めて再確認できたのは・・・

 

  • 表情もそうだけど声が出てないよ
  • 声がかすれていて元気がないのがすぐに伝わる
  • こんなかすれた声じゃまだまだ復帰は早いよ

 

 

といった見た目以上に

 

 

 

の変化。女優であれば、演じることの1つ

 

 

への影響は死活問題。ココロの病と声の関係性とはいかに

 

深田恭子見た目だけじゃない早すぎる復帰

今回調査の中で最も多くの声となった深田恭子さん

 

 

の変化へのまさに周囲の声

 

そもそも、ココロの病との関係性はどうなのか調査をすると以下と判明※以下一部引用

体に異常がないにもかかわらず、声が出なくなっている場合、ストレスによって発症すると言われていますが、その仕組みは、はっきりと分かっていません。

 

このようにはっきりとはされていないがゆえに、早すぎる復帰へとも導かれたとも予測

 

また以下のようなことから

 

一般的ガイドライン、ギリギリでの約三ヵ月復帰の滑り込みとなったとも予測

適応障害をはじめとするココロの病は一般的には最低三ヵ月~一年の期間は治療が必要

 

 

早すぎる復帰の声は声だけでわかったから?

今回決して手放しで復帰を喜べない方が多い

 

深田恭子さん

 

の活度再開。何より決定的となったのは先日テレビ番組内での

 

 

への変化といった声が多数

 

ココロの病・適応障害は何と60%の確率で

 

 

再発

 

とも言われる病と調査で判明

 

それだけに、仕事への復帰は以下のような環境が最もベストだとされているようです

 

 

・毎日やることが決まっている同じ仕事・・・心の浮き沈みが最小限に抑えられる

・職場に馴染む必要がない仕事・一人でもできる仕事・・・人間関係でのトラブルを最小限にする

・在宅勤務が可能な仕事・・・自分のペースででき、また外的要因のストレスを防げる

 

 

しかしながらこうした環境は・・・

 

女優・芸能人

 

 

の活動には全て当てはまらないと予測

 

 

それだけに彼女の復帰がベストかは多くの方の声が大きな決定になるのかもしれませんね

 

いつの日か彼女の健康な心身がみれますよう・・・

 

うろうろ きょうもひとりごとお立ち寄りありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました