コロナ禍ストレス対策は見える化で解決?!

生活

2020年より

 

コロナ禍

 

となった私たちの暮らし

 

 

そんな中、このようなコロナ禍の暮らしについての記事がありました

 

20~30代女性のリアルな生活実態…平均年収は約15万円減、貯蓄は5人に1人が600万円超(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース
 インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」を運営するeBay Japan合同会社が、全国の20代~30代の女性500人を対象に「コロナ禍2年目の働く女性の実態調査」を実施。全国の働く女性の

 

 

そこで今回は・・・

 

コロナ禍ストレス対策は見える化で解決?!

 

 

と題して調査してみました

 

 

コロナ禍実は潤い中?

 

今回、冒頭記事内のアンケート調査をみる限り・・・

 

多くの方の声にあったのが

 

・貧困とは無縁な感じ

・何か充実している暮らしぶり

・むしろコロナ禍で潤っている?

 

ということ

 

このようなことから、むしろ

 

潤いる暮らし

 

 

を満喫しているかの様子

 

コロナ禍重視したのは自己投資?

 

冒頭記事、アンケート調査からも見えるように・・・

 

コロナ禍

 

以降、多くの人にとって重視されたのは

 

自己投資

 

と調査の中でも予測

 

詳しくは以下の中身となったのです

 

①外出自粛が高まり、時間が生まれたので自分磨きに投資する

 

②上記同様に、外出自粛によって、これまで無駄とも感じなかったことへの投資が無駄遣いと感じ、ならばと貯蓄志向

 

③人との接触が減少したため、むしろ出会い場が厳選されてきただけに「恋愛」に対しても慎重となるが故に自分力を高めて「良き出会い」に期待する

 

このように

 

自分への投資

 

に時間お金を費やす傾向の時代と予測

コロナ禍ストレス女性ならでは?

とはいうものの・・・

 

コロナストレス

 

は誰しもが経験をすることではないでしょうか

 

今回調査で判明したのは何と・・・女性が男性よりも

 

コロナストレス増

 

ということでした※男性・・・約4割、女性約6割以上

 

更に深堀すると、以下のことが女性のストレス過多となった

 

コロナストレス

 

・男性と比較し、「人付き合い」が好きな女性。それだけに外出自粛による、人と会えない、またその先にある、「話好き」とされる女性へのストレス

・マスク着用生活よって、メイクを楽しめない

・華やかなことが好きな女性によって各種イベント中止・延期・縮小

 

 

ストレス対策は見える化で解決?!

そんな先行きが不透明な

 

コロナ禍

今回調査で判明されたのは

 

見える化

 

によるストレス解消?!

 

「見える化」とは、どのような流れで行われているのか「プロセス(計画、実施、評価など)の実態」をグラフや図表などを用いて目に見えるようにすること。 目に見えるようにすることで問題点に気づき、問題点を共有できる。

 

ストレスは勿論、コロナは

 

目には見えないものごと

 

 

それだけに解消方法としは・・・

 

 

見える化

 

することが解消の1つと予測。そだけに

 

貯蓄

 

をはじめとする、自己投資は何よりわかりやすく結果とつながり、そして解消へとつながるのではないでしょうか

 

うろうろ きょうもひとりごとお立ち寄りありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました