止まらないトラブル浜崎あゆみでも休まないのは痛みに強いから

芸能

一時は

 

歌姫

 

とも言われた歌手

 

浜崎あゆみさん

 

そんな彼女が202年11月に入り立て続けに

 

 

トラブルが発生中

 

“一時意識不明”浜崎あゆみの現状を報告「医師の指導を仰ぎながら活動を再開」 右足首骨折は手術へ(オリコン) - Yahoo!ニュース
 今月6日のコンサート後に体調不良で病院に緊急搬送され、アナフィラキシーショックと診断された歌手・浜崎あゆみの所属事務所は12日、公式サイトを通じて、これまでの経緯を報告した。

 

そこで今回は・・・

 

 

止まらないトラブル浜崎あゆみ

でも休まないのは痛みに強いから

 

 

と題して調査してみました

 

浜崎あゆみ止まらないトラブル発生中

 

冒頭記事にもあるように、今回ツアーを一旦は

 

 

中止

 

 

からの再度

 

 

復活宣言

 

 

をした浜崎あゆみさん

 

 

調査の中で今回、中でも多くの方が気になっていたのは

 

 

アナフィラキシー

 

 

という症状※以下一部記事引用

 

アナフィラキシーとは、アレルギーがある食べ物や薬を口にしたり、蜂に刺されたりした後に全身にさまざまなアレルギー反応による症状が現れることを指します。 

 

そんなアナフィラキシー以前に実は以下のトラブルも発生

 

2021年11月4日骨折、続いて11月7日アナフィラキシーによる緊急搬送

 

まさに止まらないトラブル発生

 

浜崎あゆみは大丈夫なの?

 

現在立て続けにとも言われる

 

トラブル発生中

 

ともいえる

 

 

浜崎あゆみさん

 

 

今回調査をする中で周囲からはこのような声が多数と判明  

 

・まだ幼い子供もいるのに育児だけでも大変なのに大丈夫なの?

・決して若くはないのに、産後すぐの復帰はさすがにきついはず

・こんな状態でベストを尽くせるはずがないのに・・・休むべき

 

 

非難よりもむしろ

 

心配・気遣い

 

の声が多数と判明

 

また実は、浜崎あゆみさんはデビュー10年周年の際に

 

耳のトラブル

 

も発生※以下当時の記事一部引用

 

左耳の聴覚をほとんど失っていることが明らかになった。ファンクラブサイトに「左耳は、もう完全に機能しておらず、治療の術はない」と自ら書き込んだ。その上で「右耳がいけるところまで、限界まで、歌い続ける」と歌手続行への強い意欲を示した。

 

いったい、そこまでして彼女をかりたたせるものとは?

 

浜崎あゆみ真実はいったいどこ

 

今回調査の中で多くの方が彼女の避難よりも

 

 

心配

 

が多数と判明しつつも・・・

 

実は一部で以下のような声が存在していたのです

 

・そもそも子供がいるのかな?snsでもそんな素振りないし・・・

・今回の怪我、緊急搬送も実際本当なの?

・あまり彼女自身需要がないことに一番自分が理解しているから、話題集めのために休まないの?

・忘れられるのが怖いから何がなんでも休まないのかな

 

 

こうしたことが一体どこまでが

 

真実

 

とされるのかまさに深い闇ともされるのです

 

休まないのは痛みに強いから

様々な噂・憶測が飛び交う

 

浜崎あゆみさん

 

の現在の状況。現在43歳という彼女

 

人生の折り返しに辿りつこうともするだけに決して若いとも言い難く、それだけに

 

休む

 

という選択をあえてしないのはなぜか?

 

そこで今回調査をする中で以下と予測されたのです

 

生い立ち・・・

幼少の頃父親が家をでていったのは有名な話。 父親は「すぐに帰ってくる」といったらしいが戻ることはなかった。ある日、 学校から帰ると、誰も家にいなく、鍵を忘れとにかく外にいるのが怖くて手で窓ガラスを割って中に入った、そのため、血だらけになった・・・というエピソードあり。

小学生くらいのときから、福岡のモデル事務所でモデルの経験。 あるポスターが目に留まり、スカウトされ中3のころから福岡と東京を行き来するような生活をおくる。

知人の紹介でエイベックスのMAX松浦に出会い、才能を見出され「歌手にならないか」と進められ現在に至る。

 

三つ子の魂百まで

 

ごとく

 

痛みとともに成長・歩んできた人生

 

だからこそ言い換えるのならば

 

 

人生全ての痛みに強い

 

だからこその

 

休まない

 

に至ると予測

 

 

それだけに彼女の今後がどう変化するのか慎重に見守りたいですね

 

うろうろ きょうもひとりごとお立ち寄りありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました