小島慶子ADHA公表?!擁護より非難の理由は何?

芸能

タレント小島慶子さんが先日、自身が

 

ADHD

 

であるということを公表されていましたね

 

小島慶子さん 過干渉の母、失恋…食欲止まらず アナウンサーになっても続いた過食嘔吐(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース
 10歳代後半から20歳代にかけて、人知れず摂食障害に苦しんだ。  干渉の強い母との関係に悩み、ダイエットの反動や失恋も重なり、食欲が止まらなくなった。体重が16~17キロ増えてしまった頃、食べた

 

 

そこで今回は・・・

 

小島慶子ADHA公表?!擁護より非難の理由は何?

 

 

と題して調査してみました

 

 

小島慶子ADHD公表で仕事は?

今回・・・冒頭記事にもあるように・・・自ら

 

ADHD

 

であるということを公表された

 

 

小島慶子さん

 

 

ADHDは、不注意、多動性・衝動性の特性を中心とした発達障害。また、複数の業務を並行して取り組むことやチームプレーが求められる仕事は得意ではありません。 また、注意力が散漫になる傾向があるため、他人の命に関わるようなミスの許されない仕事も避けた方がよい。 その代わり、個人の技術力・スキル・作業が大切な仕事では力を発揮する。

 

タレント

 

という位置付けで活動中の小島慶子さん

 

改めて自らの病状公表した、今仕事への影響力はないのでしょうか?

 

そこで改めて調査すると以下と判明

 

・向き不向きの職種があるため、そうした点をしっかりと考慮すること

・自身の状態をまずは理解し、悪化、影響する環境を選択しないこと

 

そうした中で現在彼女は選択してのタレント活動なのでしょうか

 

小島慶子だけじゃない芸能界とADHD

 

自らADHDを今回公表した

 

小島慶子さん

 

決して彼女だけではなく、一般人は勿論のこと、芸能界でも同じ病状の方が存在と判明

 

 

その中で、調査では以下のような周囲からの反応が多数と判明

 

・一般人と異なり、常に人前に出る職業だけに負担は大きそう

・イメージが何より影響する職業だけに今後の進退に大きく影響しそう

・ライフスタイルが不規則だけに、なかなか回復にも時間がかかりそう

 

 

といった

 

心配・擁護

 

の声が存在

 

同じよに今回公表された小島慶子さんに対してもそのような反応なのでししょうか?

 

小島慶子嫌われてしまうのはなぜ

 

世間の多くの方にとって、ADHDをはじめとする病状といったデリケートな公表は

 

 

心配・擁護

 

の声に包まれるとイメージされる中・・・

 

 

調査の中では、どうやら

 

小島慶子さん

 

彼女に限っては

 

除外

 

と判明!?

 

その理由とは・・・

 

・病状が何であれ、そもそもが受け付けないタイプ

・もともとが苦手だからあえて公表されてもかわらない

 

といった

 

 

嫌われ要素

 

 

が確認。嫌われる原因とは・・・

 

ADHA公表?!擁護より非難の理由は何?

 

擁護

 

よりも

 

避難

 

されてしまう小島慶子さん

 

そんな彼女の理由を勝手ながら調査

 

 

そこでは以下と判明したのです

 

 

 

 

・どれだけ公表されても自分中心発言に感じる

 

・結局かまってちゃんなのかな

 

・女子アナ時代をまったく知りませんけど、 ニュースの記事などを読んだかぎりでは上から目線

 

・実際に優秀な人なのかもしれないけどああいう上からもの言う人は嫌

 

 

このように周囲は病状とは別に冷静にジャッジと予測

 

ADHDをはじめとするココロの病状は目では判断しづらいだけにデリケートとされる問題

 

それだけに、同じジャッジするのならば、デリケートな対応したいものですね

 

うろうろ きょうもひとりごとお立ち寄りありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました