毎年あるある?年末年始明けの疲れ!?解消方法

生活

2022年がスタ-トし

 

連休も終え・・・

 

いよいよ本格始動?!といった状況

 

まさに

 

非日常

から

日常

へのシフト

 

 

それだけに実は・・・

 

多くの方が、毎年この時期に陥りがちなのが・・・

 

 

・休み疲れ

・全身疲労

 

ということ。そこで今回は・・・

 

 

毎年あるある?年末年始明けの疲れ!?解消方法

 

 

と題してみました

 

年末年始の過ごし方とは?

あっという間と感じてしまう

 

 

年末年始

 

今回調査すると多くの方は以下のような過ごし方と判明

 

・自宅でゆっくりと過ごす

・コロナが落ち着いていたかかのような今回の年末年始は、久々に帰省

・とにかく寝正月

 

コロナ禍以降やはり、まだまだ多くの方にとって、

 

旅行

 

という計画は減少傾向と予測

年末年始の疲れはどこから?

 

休日

 

となると、さぞかし心身共に静養できるかと思われがちですが・・・

 

実は毎年この年末年始に対する

 

体調不良

 

が、毎年かわることなく続いていると調査の中で判明

 

そんな理由は以下の内容でした

 

・普段と起床・就寝時間が全く異なり、大幅に生活リズムを崩している

・ここぞとばかりに暴飲暴食してしまい、胃腸が疲れている

・普段会えない人行かない場所に訪れ疲れる

 

 

といったまさに

 

日常から、非日常への変化 イコ-ル 体調不良

 

と、言い換えれば自然の結果とも予測

年末年始明けの疲れ!?解消方法

このように、年末年始終えると・・・

 

どどっとこれまでの疲れが表面化し・・・

 

・胃腸の疲れがなかなか回復しない

・体内時計が狂ったままでなかなか起きれない

・精神疲労が回復せず、仕事への集中力も欠ける

 

 

という事態が多くの方にあるようです

 

 

そんな解消方法とはいったい?

 

今回の調査の中て以下のようにまとめてみました

 

①日常→非日常への変化に心身ともに「自律神経」が乱れているため、自律神経まず整える

末梢神経は意思によって身体の各部を動かす「体性神経」と意思に関係なく刺激に反応して身体の機能を調整する「自律神経」に分けられます。 暑いときに手で仰ぐのは体性神経、汗が出るのは自律神経の働きです。 この自律神経は、交感神経と副交感神経という逆の働きをする2つに分かれています。

②週末や休日は起床・就寝の時差は一時間以内に留める

 

③暴飲暴食な内臓をリセットには・・・お腹が空腹・お腹の音聞き取るまで無理に摂取しない

 

こうしたリハビリをすることで、一度狂ってしまった乱れを回復できる可能性が高まるようです

 

まだまだ厳しい寒さ

 

それだけに

 

激しい運動やストイックなライフスタイルはむしろ体調を更に悪化させるともいえるだけに、自分だけのぺ-スでのスタ-トいかがでしょうか

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます

 

タイトルとURLをコピーしました