軽視されがちな肩こり!?その予防・解決は身近なところ?

生活

日本人にとって多いお悩みの症状のトップ・・・

 

 

それは

 

 

肩こり

 

 

そんな肩こりですが・・・

 

・命に係わる問題ではない

・そもそも常に肩こりだけに、もはや日常化している

 

 

そうした捉え方の方が多く存在しているようです

 

 

そんな私たちにとって、良くも悪くも

 

身近な存在

 

 

となってしまった

 

 

肩こり

 

 

主な原因とは・・・

 

 

・同じ姿勢を長時間することで血行不良となり、こりとして表面化する

 

・便利な時代になったとともに、カラダを動かすことが減少。そして頭を使うことが増加。頭という重りを常に支えている、首・肩がダイレクトにストレスとなる

 

・運動不足によるカラダ各部の可動域の減少

一昔前であれば・・・掃除1つにとっても、全身を使って床拭き、窓ふきをしていたが、現在は「お掃除ロボ」をはじめとする、デジタルの進化で益々全身を使うことが減少

 

・内臓疲労。飽食の時代となり、無意識に「食べすぎ」傾向が増加。そのため常に内臓は酷使され、全身疲労と変化する

 

 

このような様々な背景・原因から考えられるのですね

 

そこで・・・ついつい日常化・慢性化しやすい

 

肩こり

 

をどのようにすれば

 

 

自覚

 

 

しやすいか?まとめてみました

 

・頭が常にぼ-っとした状態で冴えない

・肩そのものに重りがのしかかったような状態

・首を回すと違和感があり、また回しづらい

・頭痛が伴う

・肩だけでなく、上半身そのものが硬く痛みがある

 

このような症状か1つでも見当たれば

 

 

肩こり

 

 

があると認識が必要かもれません

 

そんな私たちの身近な存在

 

肩こり

 

様々な理由が判明するだけに、その解決・予防方法も無数であると予測

 

そこで以下のようにポイントまとめてみました!?

 

・「肩こり」という名前が登場したのはまさに近年。それだけに現代病の1つとも言える。ストレス社会と同時に誕生したとも予測。仕事・プライベートのオンオフをいかに使い分けるかがカギ

・便利な時代と同時にカラダを動かさない イコ-ル 血行不良からの原因の肩こり。日常生活の中で常にラジオ体操レベルの動きを継続させることで「慢性化」も予防

・飽食の時代だからこそ「量」以上に「質」に注目した食生活

 

 

ついつい見落とされがちな

 

肩こり

 

それだけに慢性化されてしまい、いかに日々の継続した自己管理こそが、予防、また、お悩み中の方には解決となるのではないでしょうか

 

 

お読みいただきありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました